バウンティソード ダブルエッジ

バウンティソード ダブルエッジ/大武ユキ/全1巻


ガンガンファンタジーで連載されていた作品。



・内容
主人公はケーンという男性。ロムルス軍の特務機関に所属する軍人です。
騎士の血筋であり、暗黒剣を操るダークナイトです。

ケーンは子供の頃から蔑まれて生きてきており、唯一の親友がイクシオンという男性。
ある日にイクシオンが軍へ入隊したことから、ケーンもその後を追って軍人となったのでした。

物語の部隊となるのは「鋼鉄の島」と呼ばれる場所。
ここには古代神族の力が手に入るという「全能の秘宝」が眠っており、各国は軍を送り込んで手に入れようとしています。
ケーンはロムルス軍として部下を引き連れてきているというわけです。

全能の秘宝を手に入れるためには神の代理人として認められねばならず、
それには黄道十二神の指輪を全て集めなくてはいけません。
ケーンは順調に集めていきますが、やがてセラというホーリーナイトの女性と敵対することになります。

信用していたイクシオンの命令で行動していたケーンですが、実はイクシオンはケーンを利用しているだけ。
ケーンに指輪を集めさせて自身が神の力を手に入れようとしています。
セラのボディガードであるディアナという女性も手篭めにしており、
ケーンとセラの集めた指輪をまとめて持ち去ってしまうのでした。

イクシオンに裏切られたケーンは絶対に自分の手で殺すと決心。
同じくディアナに裏切られたセラは目的が同じなため、ケーンを誘って一緒に行動することになるのでした。
この後の二人の運命は…。



・感想
PSで出た同名タイトル作品のコミカライズ。
原作ゲームのキャラデザを担当した大武ユキ先生がこのコミカライズも担当しているという豪華さ。

ストーリーは全体の半分も描かれていない。
存在がカットされたキャラもいるので、ゲームの方をやって楽しんでね!的な感じ。

ダブルエッジはバウンティソードシリーズの2作目にあたる作品で、1作目はSFCで発売されている。
後にPSでリメイク版も。
発売時期やキャラ設定、SRPGというジャンルなどいろいろ近い部分があったので個人的にはFEDAと印象がかぶる。
ちなみにダブルエッジのストーリーは1作目の100年後という設定。なので1作目をやっていればより楽しめる仕組み。

単行本のみの要素では巻末に後書きが2ページ。
この漫画版で出番のなかったキャラのイラストも描かれているので、ファンなら是非に。
[ 2013/02/11 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)