チョコではなくアイス派

内容忘れそうなのでそろそろ…FCのRPGでも。

今回はビックリマンワールドです。言わずとしれたビックリマンを題材としたRPGですね。
ビックリマンは…全く知らないわけでないですが、特に知っているわけでもない。
子供の頃にビックリマンアイスをよく食べていて、それでシールを持っていたので多少は分かるってだけです。

ちなみにこの手の食玩だと、一番集めていたのはネクロスの要塞だったりします。
ゾイドのも持ってたけど、あれは食玩じゃなかったかも。記憶がだいぶ薄い。

話が逸れましたが、ビックリマンワールドのお話。
シンプルなコマンド選択式のRPGです。
最大8人のパーティーで進めていく…というとDQ4以降を連想するかもしれませんが、違いますね。

隊列が前衛後衛に別れていて、それぞれ最大で4人まで配置できます。
戦闘ではまず前衛が戦い、次ターンは後衛が戦います。その次は前衛というように、1ターン毎に交互戦闘。
人数が4人以内なら全員同じ隊列にしておけば前衛後衛の入れ替えはなく、毎ターン同じメンバーで戦えます。

5人以上だと最低でも1人は後衛に振らなきゃいけません。5人時なら前衛4人、後衛1人みたいなのも可能。
でも1人だけだと敵に集中攻撃を食らうことになるので、強くないとすぐ死にます。よって普通なら3対2になりますね。
最大の8人になれば4人ずつでバランスが取れる。

ちなみに経験値は分配方式なので仲間の数が増えるほど取得経験値は減ります。

ゲームの舞台は4つのエリアに分かれていて、それぞれのエリアでパーティーメンバーとして戦ってくれる天使、
戦闘中に呼び出せるお助けキャラ、あとクリアに必須な能力を持ってる天使を集めていきます。
エリア1の中盤から雑魚がかなり強くなってくるため、レベル上げがだいぶ重要。

エリア1と4はだいぶシンプルな作りになっているので、レベルさえ足りていれば簡単に終わるんですが、
エリア2と3はマップが広く、イベントも多く、集めなきゃいけない天使の数も多いので面倒。
特にエリア2は広い上に地上、地下、水路に分かれていて複雑な構造になっており、相当な手間がかかる。
自分はここで結構手こずったおかげで、レベルがかなり上がってしまいました。

レベルは比較的上がりやすいです。
敵からもらえる経験値がそれなりに増えていくのと、必要経験値の上昇が緩やかなため、わりとすぐ上がる。
レベルが上がるとHPとFP(いわゆるMP)が全快するシステムでもあるので、宿屋はそんなに使わない。
回復系の理力(いわゆる魔法)を使える仲間も多いので、
レベル上がりそうになったらFP使い切って他の仲間のHP回復させればいいですし。

あとこのゲームには装備品が存在しません。ただ武器だけは各キャラ固有のものを装備しています。
一定のレベルに達する毎にこの装備が成長していき、通常成長分とはまた別で攻撃力が加算されます。
よって攻撃力が上がりやすいゲームですね。

レベルアップ時の成長はランダムとなっており、その範囲も広めです。
このゲームは防御力がかなり重要で、攻撃力は前述の通り武器の成長システムもあって上がりやすい。
防御力に関してはレベルアップ時の成長が全てとなります。
最低でも1は上がりますが、逆に言うとこの1を引き続けた場合は被ダメが大きすぎてかなりキツいです。
正直2のアップでも少ないぐらいで、3は欲しいところ。

敵からのダメージがキツい時は、レベルアップ直前にセーブして成長吟味した方がいいですね。
最低でも3は上がるように。
何度も言いますけど、攻撃力は低成長を続けていても武器の成長によるアップで何とでもなります。
よってレベルアップ時には防御力が上がるのを祈りましょう。


感想としては…結構よくできているんじゃないかなと思います。
登場キャラの数も多いので、ビックリマンファンの人なら相当楽しめるんじゃないでしょうか。
雑魚は強めですがレベルを少し上げれば普通に対処できるようになりますし、ボスも強くも弱くもないバランス。
オート戦闘を導入しているのもポイント高いです。

不満点はエンカウント率の高さですかね。
とにかく歩き回されるゲームなので、このエンカウント率の高さは辛いところ。

まぁでもキャラゲーにしては完成度高めで、良作の部類に入るんじゃないかなと思います。
個人的には75点ぐらいあげてもいいかな。
[ 2018/06/05 ] 戯言 | TB(0) | CM(0)