ファイアーエムブレム 風の魔道士

ファイアーエムブレム 風の魔道士/上田信舟/全1巻


「スーパーファミコンセレクション」というコミック誌に連載されていた、初代ファイアーエムブレムのコミカライズ作品。



・内容
この単行本は「マリクの章」「ミネルバの章」という2つの話が収録されています。

「マリクの章」
この話の主人公はマリク。
アリティアが陥落してからカダインへ渡ってエクスカリバーを習得するまでのストーリーが描かれています。

「ミネルバの章」
こちらはミネルバが主人公。
兄であるミシェイルの裏切りにより、マケドニアがドルーアに加担をすることになったきっかけのストーリーが描かれています。



・感想
FCの「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」のコミカライズ作品。
ガンガンファンタジーコミックスとして出ているけれど、実際にGファン本誌で連載されていた作品ではなかったり。
以前にも取り上げたことがあるスーパーファミコンセレクションというコミック誌に連載されていたものです。
それから6年の時を経てガンガンファンタジーレーベルから発売したものがこの単行本。

マリク編が全5話でミネルバ編は全2話の合計7話を収録。
あとがきによると、英雄列伝のような形で一人ひとりのキャラにスポットを当てて取り上げていく…というコンセプトだったようで。
だけど雑誌の方が潰れてしまったために、結局マリクとミネルバの2人しか描かれることはなかったと。

この単行本だとマリク編が最初に収録されていてミネルバ編は後になっているけれど、
スーパーファミコンセレクションではミネルバ編の方が先に描かれている。Vol.1とVol.2に掲載。
マリク編はスーパーファミコンセレクションのVol.3~7に掲載。
あとミネルバ編は鈴木康之という人の原作付きです。マリク編は上田信舟先生のみ。

ちなみに上田信舟先生はこれが初の連載作品だということです。

単行本のみの要素…は巻末にある4ページのあとがきぐらい。
表紙や扉絵も描き下ろしなので、一応含めてもいいかもしれないけど。
あとがきにはマリクとミシェイルをネタにしたおまけマンガも1本ずつあったりする。

まぁでも特に読む価値があるようなものでもないので、
自分みたいにスーパーファミコンセレクションの方を全巻持ってるという人は必要ないかな。
あくまでも当時読めなかった人向け。
魔神転生やペルソナで上田信舟先生ファンになったり、SFCのファイアーエムブレムからエムブレマーになったりなど。
[ 2013/04/01 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

松下進絵は良い

・本整理


全スーパーロボット大戦シリーズ大百科
プロ野球チームをつくろう! ガイドブック
ファイアーエムブレム 紋章の謎 必勝攻略本
ドラゴンクエストIV マスターズクラブ
エルファリアII 公式ガイドブック


エルファリアは2で普通のRPGになっちゃいましたね。
さすがに1は独創的すぎたのか。他と差別化をはかる意味でも独自路線でいってほしかったけどなぁ。
[ 2010/05/07 ] 攻略本 | TB(0) | CM(0)

エムブレムサーガ

・本整理


ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記 オフィシャルプレイヤーズバイブル
ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記 オフィシャルコンプリートガイド
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 最終攻略読本
ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト 冒険ガイドブック
スーパーファイヤープロレスリングスペシャルで闘う本


ミスティッククエスト!評判イマイチだけど、自分は結構好きです。
ジャンプができたり戦闘中の敵がやたら大きかったり、どことなくサガ3っぽいと思う。
でもサガ3はあまり好きじゃない。やや矛盾。

ティアリングサーガはねぇ。任天堂にFEのパクリとして訴えられた印象が強すぎる。
当初はエムブレムサーガという名前でもあったし、最初ゲーム誌で記事を見た時は自分もFEシリーズだと思っていた。
まぁ結局裁判では任天堂が負けたわけですけど。いろいろ考えさせられる裁判でした。
[ 2010/05/06 ] 攻略本 | TB(0) | CM(0)

あまり私を待たせない方がいい

・本整理


ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 メモリアルファイル
スーパーストリートファイターII 完全攻略本
テイルズ オブ ファンタジア オフィシャルガイドブック


ストリートファイターは最近また流行ってますやね。世間的にリバイバルブームか。
ヴィルガストはまだですか?エスパークスも復刻したというのに。
[ 2010/05/05 ] 攻略本 | TB(0) | CM(0)

背景などいらぬ

・本整理


ファイアーエムブレム 封印の剣 コミックアンソロジー
わくわくぷよぷよダンジョン


個人的にFEはトラキアまで。GBA以降の作品はどうも合わない。DSリメイクの暗黒竜ですらダメだったし。
わくぷよダンジョンは3巻欠け。半端物週間ってことで。

・東方新作
すっかり3~4日に1度のペースまでプレイ頻度が落ちている東方ですが、ここにきて少しモチベ上がってきた。
そしていつのまにか新作も発表されたようで。文花帖2か。
おそらく前作と同じで、一通り全てのシーンをクリアしたらそれでもう終わりになりそう。
カテゴリは新規作成してもまず過疎化すると思うので、既存の文花帖カテゴリを1・2共用で使えばいいか。

・風神録
魔理沙機体のリハビリ。ネタも稼ぎもなしで、至極普通なプレイ。
魔理沙だと文通常2が微妙にクソゲーですね。文が下に来たら自分の腕ではまず終わり。
完璧を求めるのでもない限り、決め霊撃でいくべきかもしれない。

・ブログ
移転してまだ2日目ですが、結構使いやすい。
TOP記事の広告はブログ開設1週間後の3/10までは強制表示みたいなので、仕方ないか。

ごちゃごちゃしたのが嫌いなので、デザインは限りなくシンプルにし、逆に実用性を追求。
かなり殺風景だけど、これはこれでなんとなく昔のRPGを連想させるような雰囲気もあり、気に入ってます。

ツリー形式でカテゴリとリンクを見やすく管理。
カテゴリに関しては肥大化していたゲーム関連を筆頭に、大きく細分化。
大半はとりあえず作っただけという感じなため、少しずつ整理予定。

そんな感じで、総合的に見たら個人的には限りなくベストに近い作りになってるかと。
やっぱりシンプル・イズ・ベスト。
[ 2010/03/05 ] サイト | TB(0) | CM(0)

コミックマスター












コミックマスター
コミックマスターEX

かつてホビージャパンが出していた本。本家は7年で全50巻を発行。
途中から別冊として発行されたコミックマスターEXが全12巻で、合計62巻。
21巻から本家とEXが統合され、月刊化となりました。
一体どれだけの人が知っているのか分かりませんけど、少なくとも自分にとっては良い本だった。

今見るとこんな人も描いてたんだ、っていうのがちらほら。
宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999などでお馴染みなあの松本零士。
ガンダム漫画を多く描き、スパロボシリーズの製作にも関わっていた長谷川裕一。
ゼノギアスのキャラ原案の嵯峨栗生、キャラデザの田中久仁彦。
臭作や鬼作の原画をやっていた堀部秀郎。
HELLSINGの平野耕太。

他にも、ほとんどの人が今でも何らかの形で漫画を描いているようです。
あと富野由悠季や押井守のインタビューもある。

EXの方はゲーム原作の作品も多い。
例えば1巻はファイアーエムブレム特集と題し、1作品を除き全てFE漫画。
カバーはあのロマサガシリーズのキャラデザでお馴染みな小林智美。
2巻以降もゲーム特集、アイドルソフト特集、SNK特集、アクセルブリッド特集など。
本家だと8巻に茶々組のFE、16巻に若林りりすのワールドヒーローズ2があったぐらいか。


今回は画像10枚と異常に多いので、縮小サイズを用意して負荷軽減。
いつぞやの5枚使用したメガテンの時よりは軽い…と思う。
[ 2010/02/28 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

没落のダビスタ

サボり癖がどんどん進行しているので、整理作業を復活させて気合の入れ直し。


ダビスタクロニクル 全1巻
ファイアーエムブレム ザ・コンプリート 全1巻
パイロットウイングス64 フライトマニュアル 全1巻



ウイニングポスト通信 3~4巻
任天堂公式ガイドブック スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー 全1巻



魔法陣グルグルランド 全2巻
ツインシグナルブック アトランダム・ファイル 全1巻



前回(といっても3ヶ月前だけど)に続いて大きめなサイズの本を。
ダビスタクロニクルはきたねーです。
確か水かなんか溢して、そこに紙が貼り付いた結果こうなったと記憶。

本自体はSFC時代にリアルタイムでダビスタをやっていて、
尚且つ最強馬生産を目指してたようなダビスタユーザーなら、大体の人が持ってたんじゃないですかね。
自分も一応その中の1人だったわけですが。雑誌は競馬王派でした。

FEのはFCの2作と、SFCの紋章の謎を対象にした本。
まぁ要はファンブックで、攻略本的なものではないです。
これでしか読めない(と思われる)漫画も2本載っていたり。


2つ目の画像は特に触れるようなこともないので、3つ目。
魔法陣グルグルランドには衛藤ヒロユキ先生が今までに描いてきたDQ4コマが余さず掲載。
正直、メインのグルグルよりもこっちの方が価値あり。
あとはゲームプレイヤーコミックスで連載していたPico☆Picoも載っていたり。
これは後にギャグ王で連載したPico☆Picoの元祖となったものです。
出てくるキャラ自体はほぼ同じだけど(男一代とももぎは出てこない)、設定が変わっていて物語も少し違う。

ツインシグナルブックは大清水さち先生の写真が載ってるってぐらいしかネタなし。
[ 2009/11/29 ] 攻略本 | TB(0) | CM(0)

タイトルとは裏腹にFCやGB作品のコミカライズもあり

せーりたいむ。


スーパーファミコンセレクション 全7巻


自分がすごい好きだった本。なぜ休刊してしまったのだ…。
たちばな真未先生のモンスターメーカー2の漫画などはVol.7の1回だけで終了という。
モンスターメーカー好きな自分なので、無念でならない。
ヴィーナは一体どうなってしまうのか…って原作ゲームを何回もクリアしてるのでその後の展開は分かるんですけどね。
まぁ漫画という媒体で読みたかったんですよ、と。
他だと東洋子先生のファイアーエムブレム外伝もめちゃくちゃ続きが読みたい。

「Vol.8に続く」とあるように、予定されていたわけではなく突然の休刊です。
ちなみに同時代にゲームプレイヤーコミックスというものも出ていたんですが、こちらも同じくVol.7で休刊。
でもこっちはちゃんと今回で終わる旨の告知はしていたので、気分的にはすっきりしてます。
SFCセレクションはいまだにモヤモヤな気持ちが残っていて、諦め切れていない部分もあったり。


一応SFCセレクション上にて連載してた作品で、後に単行本が出たのもあります。

上田信舟先生のファイアーエムブレム。
「ファイアーエムブレム 風の魔道士」という名前で後にエニックスから出版。
元々SFCセレクション上で完全に完結していたので、これに関しては特に。

九月姫先生の「モンスターメーカー学園だっ」。
「モンスターメーカー学園!!」という名前で後にアスキーから出版。
SFCセレクション掲載分全話に加え、月刊アスキーコミック93年7~9月号連載分と書き下ろし1話がプラスされました。

夏元雅人先生のメタルマックス2。
SFCセレクション上では未完も、後にアスキーから出た「メタルマックス2 スーパーコレクション」に完全版が収録。
後書きで「連載されていた雑誌がつぶれたりといろいろあった」とSFCセレクションのことが少し触れられています。

他は吉田裕之先生の「負けるな!魔剣道」と藤たまき先生の「Kabala」。
このようにいくつかの作品はちゃんと後に完結しているので、多少はマシなのかな…。
[ 2009/07/16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

本棚

体調の方はだいぶ回復しました。
この前から3日連続で安定剤抜いてますが、普通に寝れてるのでもう大丈夫かな。
ただ咳が相変わらず止まらないのと、まだ動悸が完全に治まったわけではないので、
大体8割ってところでしょうか。
松坂じゃないけど、ここから少しずつ調子を上げていければ。


そういえばデジカメが安く売っていたので買い換えてみた。
といっても12800円だから程度は知れてるかも…?
まぁ、一応画素的には前の4~5倍程はあります。ありゃ7年前のですからね。

んー、でもどうも上手く撮れないんだよなぁ。
まぁデジカメに関してはほとんど初心者のようなもんなので、
数をこなして慣れが必要ですかね。
とりあえず練習も兼ねて撮ってみた本棚晒し。
クリックすると大きいサイズで見れますが、容量でかい、見辛い、汚いと三重苦w
 






ちなみに現在の本棚のテーマはDQ、FE、エニックス系、九月姫、です。
これらに関する作品でみっちりと固めてみた。
「いくざわのぶこ」名義の本がいくつかあるけど、
これは九月姫先生が昔使っていたペンネーム。

ざっと数えてみたところ…全部で449冊かな。1冊加えて450にした方がキリいいか。
一応、これでも全体の1/6程。いや、もっとあるかな。
もう自分でもどれぐらい持ってるのか把握しきれていない状態だし。
最近のはほとんど読まないので、微妙に古い作品ばっかだけどねぇ…。
90年代のが大多数かな。
しかしこうして改めて見ると、フィレーナとジョカが浮いてるな…。
テーマから外れてるから当然といえば当然か。入れ替えようかね。

そういえば以前、趣味に特化した新コンテンツ立ち上げを考えていると書いたけど、
こうやって画像使ってみるのもいいかも?とふと思った。
[ 2007/05/12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

西武のギッセルの名前を聞くたびにギップルを思い出す

久しぶりにグルグルのコミックを読み返してみる。
あらためて見ると、1巻と最終巻でかなり絵柄変わってますな。
毎月ガンガンで読んでた時はそんなこと全く思わなかったが。
まぁ日常もそうだけど、少しずつ変化していくと分からないものではある。

そういえば某作者が連載していたFE聖戦の系譜のマンガが、
最後の方とんでもない状態になっていたのを思い出した。
意図的に変えたのか何か別の原因があったのかは分からないけど、あれはどうかと。
[ 2006/06/15 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)