策略ゲー

おそらく今年最後にあるであろうFCのRPGクリア。天地を喰らうです。
名作と良作の中間ぐらいの非常に良い作品。

移動スピードの速さと総攻撃というオート戦闘のおかげで非常にサクサク。
基本的に最初から最後までボス戦ラッシュのため、レベル上げ作業をしなくてもどんどん上がっていきます。

まぁ中盤まではそんな感じで進んでいくんですが、終盤になると…。
敵に撃免の計という策略(いわゆる呪文や魔法)持ちが出てくるようになります。
これは相手の物理攻撃を一切無効にするというもので、効果もターン終了時にランダムできれるため、
運が悪いとほぼ永続状態になり詰みます。

一応終盤になるとこちらも策免の計という、相手の策略を封じる策を覚えるので、
敵に撃免持ちが出たらまず1ターン目で使用して~という戦法になります。
ただ先制できなかったら撃免使われる可能性ありますし、
策免自体も撃免と同じくターン終了時にランダムできれるので、きれたらまた掛け直しです。
しかも消費策略ポイントも多いので、他の策略との兼ね合いもあり1回の戦闘で3、4回が限度です。

きつい策略は撃免だけではなく、暗殺の計というザキやデスと同義の計、
さらにはベホマやケアルガと同義の完復の計持ちも終盤では登場します。この2つを持ってる敵は撃免もセットです。
なので策免の計は必須となります。使わないでのクリアは超運ゲーとなり不可能に近い。

この終盤での問題さえなければ名作評価だったんですが…。それでも良作以上であるのにかわりはない。
BGMも最高レベルの良さです。個人的には野良武将戦が一番のお気に入り。


今年最後になるであろうFCのRPGプレイは、ラサール石井のチャイルズクエスト。
FC時代の芸能人ゲーの多さといったらないですね。
ラサール石井と磯野貴理子は分かるんだけど、チャイルズの他2人が全然分からんなぁ…。
[ 2017/12/21 ] 戯言 | TB(0) | CM(0)