プリンセスアリーナ

ドラゴンクエスト ~プリンセスアリーナ~/八坂麻美子・小松崎康弘/全5巻


ガンガンファンタジーで連載されていた「ドラゴンクエストIV」のコミカライズ。



・内容
ドラゴンクエストIVの2章「おてんば姫の冒険」を題材としたストーリー。
サラン、テンペ、フレノール、砂漠のバザーのそれぞれでオリジナルのエピソードは挟まれますが、
基本的にはさえずりの塔までは原作準拠です。それ以降は完全なオリジナル展開。

オリジナルキャラクターとして、アリーナの従兄にあたるアルマーという人物が登場。
サントハイム王の兄の息子にあたります。
母親がエルフで、成長していくにしたがって耳が尖っていき、そのことが原因で蔑まれるようになって家出。
子供の頃はアリーナやクリフトと仲良くしていましたが、
人間に恨みを持ってデスピサロの使い魔となり、敵としてアリーナたちの前に出現。

もう1人、フェイミンという魔族の女性も登場します。
デスピサロに絶対の忠誠を誓っており、進化の秘法の実験体でもあります。
最初は敵として現れますが、クリフトに命を助けられたことがきっかけで少しずつ惹かれていくように。
最後は魔族の攻撃からクリフトをかばって死亡するという悲劇のキャラクター。

ストーリーの軸となっているのは黄金の腕輪。
この作品のオリジナル要素として、腕輪には8つの宝石がはめられていたということになっています。
それが全て無くなっており、アリーナたちはその宝石集めの旅をすることに。

ラストはエルフたちの住処でアルマーと対決?をし、黄金の腕輪を奪還。
そしていざエンドールへ…というところで終了です。



・感想
DQ4の2章を描いたコミカライズ作品。
3巻(18話)までは小松崎康弘先生が脚本を担当していたが、
それ以降は八坂麻美子先生が完全に一人で全てを担当することに。

まぁ早い段階から怪しい雰囲気は漂っていた。
作者コメントやあとがきなどを見ても、うまくいっていないんだなぁというのが伝わってきていたし…。
やはりというべきか、小松崎康弘先生は途中で降板してしまったと。

3巻はさえずりの塔でさえずりの蜜を取ってきて、サントハイム王を治すところまで。
原作であればこの後はエンドールへ行って武術大会に参加するわけだけれど、
この作品ではここから完全なオリジナルストーリーに突入する。
まぁ小松崎康弘先生が担当していた3巻部分までも、オリジナルエピソードは至る所に導入されてはいたけど。

正直、4巻以降は面白くない。
自分がゲームのコミカライズ作品においてのオリジナル展開があまり好きじゃないというのもあるんだけど、
それを差し引いても面白いとは言えない。
まぁもっとぶっちゃけてしまうと、3巻までも微妙ではあったりする。キャラの可愛さで持っている感じ。

一応アリーナが主人公なんだけれど、クリフトの方が目立っている。実質主人公みたいな感じで、やたらモテる。
アルマーとフェイミンはかなりキツかったなぁ…。
オリキャラは出番があっさりしてればいいんだけど、ここまで深くストーリーに関わってこられるとちょっとね。
好きな人には申し訳ないが、自分的には大きなマイナス要素だった。「天空物語」のカデシュなんかも同じ。

単行本のみのおまけ要素としては、1~3巻に小松崎康弘先生のあとがきがある。
八坂麻美子先生のあとがきは全巻に。
あと4巻にはアルマーとフェイミンの詳細データ有り。DQのステータス画面風にレベルやHP・MPなどを掲載。
4巻には岩川有里というアシスタントさんが描いた1枚絵も掲載されている。

裏表紙はアリーナの描き下ろしコスプレ集。
1巻が戦士、2巻が魔法使い、3巻がピンクのレオタード&炎の爪、4巻がクリフト、5巻がお姫様。
見所なのは…やっぱり3巻?モンスターもアリーナのエッチな格好に見とれてデレデレ。
2巻も見ようによってはセクシーかもしれない。
[ 2012/11/30 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

テリーのワンダーランド

1Pコミック ドラゴンクエストモンスターズ/村上ゆみ子/全1巻


ギャグ王(休刊後はガンガン)で連載されていた、テリーのワンダーランドのコミカライズ作品。



・内容
1ページ1ネタの形式で進行していく、ギャグ系のストーリー作品。

仲間モンスターは4話まではスライムのスラぼうがレギュラーで、
5話目にスラぼうの娘であるドラゴスライムのドリーが登場。母親はフーセンドラゴン。
他の仲間モンスターは各話ごとに入れ替わり形式です。

1話…なし(スラぼうのみ) 2話…マンドレイク 3話…ソードドラゴン、スラッピー
4話…にじくじゃく、ビーンファイター 5話…ロックちょう、ローズバトラー

という感じになっています。

最後は竜王を倒してモンスターマスターとして認められて終了。
原作のように星降りの大会でミレーユと対決とかはありません。



・感想
テリーのワンダーランドのコミカライズ作品。
それぞれのモンスターにしっかりとした個性があって面白い。

ドラゴンクエストモンスターズというと吉崎観音先生の+が話題になりやすいけれど、
個人的にはこっちもなかなかオススメ。
まぁギャグ作品と純粋なストーリー作品ということで丸っきりタイプが違うけどね。
そもそも+の方は後日談で、こっちはテリー本編っていう時点でも全然違う。

「テリーのモンスター日記」として、テリーにより絵日記形式の漫画も掲載。
それと「村上とモンスターズ」という後書きおまけマンガもあり。
[ 2012/09/14 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

トルネコの大冒険2

トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン/村上ゆみ子/全2巻


トルネコの大冒険2のコミカライズ。
連載はされておらず、全編完全描き下ろし。



・内容
今作は前作?のトルネコ一家の冒険記とは違い、純粋なコミカライズ作品。
原作ゲームと同じ順番でダンジョンを攻略していくことになります。
ちょっと不思議な草原から始まり、最後はトロ移籍。

いろんな所がダンジョン化するという謎の現象。
その原因が不思議のダンジョンの27階にいる邪悪の箱であることが分かります。
その邪悪の箱を封印することができる封印の箱を手に入れたトルネコが、
再び不思議のダンジョンに挑む…というところで終了。



・感想
めっちゃくちゃ端折って簡潔にまとめてみたり。
実際は全てのダンジョンでオリジナル要素が入っているので、自分の目で見た方がいいと思う。
例えば火吹き山はネネも一緒に冒険をするし、迷いの森ではバーサーカーの子供を助けたりする。
わりとうまくオリジナル要素を取り入れてるんじゃないかな。

トルネコ一家の冒険記との繋がりは全くなし。
共通して出てくるのはトルネコ一家のみで、他のキャラは姿も名前も全く出てこない。
まぁ続編のようでいて続編ではない作品だし、当然ではあるか。
それにトルネコ一家の冒険記で脚本をやっていた小松崎康弘先生もこっちには関わってないしね。
1巻の巻末に載っている「村上のトルネコ奮闘記」という後書きでは一応触れられているけども。

ちなみに1巻の最初に「不思議のダンジョンゲーム」というオマケのすごろく有り。
でも閉じ込み付録なので、実際に遊ぼうと思ったら切り離さないといけない。
[ 2012/09/12 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

トルネコ一家の冒険記

トルネコ一家の冒険記/小松崎康弘・村上ゆみ子/全4巻


ギャグ王で連載されていた作品。
正確に言えば違うが、トルネコの大冒険のコミカライズに分類されるかもしれない。



・内容
DQ4のED後からトルネコの大冒険までの空白期間を埋めるストーリーとなっています。

エンドールにて妻のネネ、息子のポポロと平和に過ごしていたトルネコ。
ある日、すごい宝物が眠っているという不思議のダンジョンの話を耳にします。
そしてネネ、ポポロと3人で不思議のダンジョンを探す冒険に出るのでした。

途中で他のモンスターにイジメられていたスライムを仲間にします。
その後はキドリという勇者を目指す青年に会ったりしながら、冒険を続けるトルネコ一家。

ズエタク国にあるズエタク城に、不思議のダンジョンを発見したという魔法使いの日記が。
魔法使いの名前はアイザックで、日記は200年前に書かれたもの。
アイザックは不思議のダンジョンの位置を記した地図に魔法をかけ、印を見えなくしてから引き裂き、
8人の子供に託したということが日記から分かったのでした。

大魔王の命令で動いているシルバーデビル、ホークマン、ギガンテスという3匹のモンスターがおり、
事あるごとにトルネコ一家の邪魔をしてきます。目的は不思議のダンジョンを発見させないため。
この3匹は仲間にしたスライムの父親の仇でもあります。

シルバーデビルたちの妨害を何度もはね退け、順調に地図を集めていくトルネコ一家。
やがて対決をすることになり、トルネコ一家が勝利。スライムは見事父親の仇を討ったのでした。
仇を討ったといっても殺すわけではなく、一族の習わしで顔拓を取るというもの。
トルネコはシルバーデビルたちに今後は邪魔をしないように約束させ、地図集めを続けるのでした。

その後、ひょんなことからシルバーデビルの妻と娘を助けることになったトルネコ。
これがきっかけでシルバーデビルたちはトルネコに協力してくれることになります。
勇者から賢者を目指すことにしたキドリとも再会をし、仲間に。

地図を5枚集めたトルネコ一家は、残り3枚を大魔王が持っているというのを知ります。
そして大魔王のいる城へと乗り込んでいきますが、なんと大魔王はバカンス中。
フェイスボールが大魔王になりきって留守の間を誤魔化しており、
それが大魔王の側近であるアークデーモンにもバレてしまいます。
呆れたアークデーモンはトルネコに残りの地図を渡し、ここに8枚の地図が揃ったのでした。

地図に記された場所へ到着しますが、そこには何もありません。
アイザックの日記を読んでみると続きがあり、謎の魔法が書かれています。
この魔法が書かれたページを破って地図に張ってみると、空飛ぶ地図となって空中に浮かぶ大陸へ。

この大陸は元々地上にありましたが、大魔王の命令によってドラゴンが呪いをかけたせいで空中へ。
それを聞いたトルネコたちはドラゴンの住む場所へ行き、全員の力を合わせて見事に勝利。
呪いを解き、大陸を地上に降ろすことに成功したのでした。

大陸が地上に降りてきたことで、今まで何もなかった場所に不思議のダンジョンの入り口が出現。
不思議のダンジョンを探す長い旅は終わり、これからは不思議のダンジョンに挑む日々が始まるのでした。



・感想
DQ4でデスピサロを倒してからトルネコの大冒険に繋がるまでの空白期間を描いたお話。
出てくるモンスターやアイテムはDQシリーズとトルネコの大冒険からだけど、
地名やトルネコ一家以外のキャラは全て完全オリジナル。

最後までよく分からん存在なのが大魔王。結局1回も出て来ないで終わる。
姿もシルエットでの描写のみ。デスピサロでもエスタークでもない。
ゲームのトルネコの大冒険に出てくるわけでもないし…。
[ 2012/09/11 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

ロトの紋章

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章/藤原カムイ・川又千秋・小柳順治/全21巻





ガンガン創刊号から連載されていた作品。やっぱり最初はこれですな。
ストーリーはどこにでも転がっていると思うので簡潔に。



・内容
ストーリー設定はゲームのドラゴンクエストIIIの100年後の世界。
勇者ロトことアレルが3人のケンオウと共にゾーマを倒してから100年後です。
世界は異魔神によって再び支配されようとしており、
アレルの子孫であるアルスが3人のケンオウの子孫であるキラ、ヤオ、ポロンという3人の仲間と一緒に戦う…というお話。



・感想
DQ漫画だと同時期にジャンプの方でダイの大冒険が連載されていたため、ロト紋はやや不遇な扱いを受けている感じ。
絶頂期だったジャンプと、創刊したてで海のものとも山のものともつかないガンガンというだけでも差はあるよなぁ。

どちらが好きかと言われれば、自分はロト紋。
ロトシリーズ(1~3)でお馴染みなアレフガルドや、3からもアリアハンやジパングが出てきたり。
DQの世界観というのが強く感じられて良かった。モンスターは天空編からも出てきたりでかなりごっちゃになってますがねぇ。

ストーリー的にはやはりアリアハン編。今まで読んできた漫画の中でもあれほど燃えた展開はあまり記憶にない。
神展開続きでそれまで以上に次号のガンガン発売日が待ち遠しくてたまらなかった。

今は続編の「紋章を継ぐ者達へ」が連載してますが、これは正直あんまり…。
5巻までは買って集めたものの、そこでストップ中。
ハーメルンやパッパラ隊、パプワ、グルグルなんかもそうだけど、時間経ってから続編連載されてもなんだかなぁと思ってしまう。

本編以外の収録情報。
6巻の巻末に主要キャラ4人のステータス、8巻の巻末に「ある日の4人」と題して現代風の格好をした4人のイラスト、
11巻に「ここより永遠に…」という外伝(月刊少年ガンガン平成6年7月号掲載)と「ロトの紋章SPECIAL」、
16巻の巻末に2ページの見開きイラストがあります。

「ここより永遠に…」は100年前にゾーマを倒したアレルと3人のケンオウの出会いを描いたストーリー。
「ロトの紋章SPECIAL」は主要キャラ8人の現代風イラスト、ロト紋攻略マップ(これまでの物語で進んできた道程)、
ロト紋ボードゲーム(遊び方付き)、ギャグ王に掲載された藤原カムイ先生によるDQ5の4コマ4本、の合計18ページ。

それと、カバー下では1~21巻まで全巻で本編に出てくるモンスターの紹介をしています。
唯一例外なのが13巻でこの巻はロトの印の紹介。

さらに最終巻となる21巻では本誌掲載時には無かったラストエピソードが描き下ろしで追加されているので、
本誌でしか読んでいないという人は要チェック。
[ 2011/10/17 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

松下進絵は良い

・本整理


全スーパーロボット大戦シリーズ大百科
プロ野球チームをつくろう! ガイドブック
ファイアーエムブレム 紋章の謎 必勝攻略本
ドラゴンクエストIV マスターズクラブ
エルファリアII 公式ガイドブック


エルファリアは2で普通のRPGになっちゃいましたね。
さすがに1は独創的すぎたのか。他と差別化をはかる意味でも独自路線でいってほしかったけどなぁ。
[ 2010/05/07 ] 攻略本 | TB(0) | CM(0)

パフパフむすめといいおとこ どっちがすきだ?

今回はDQ短編集。


アイテム物語、モンスター物語、知られざる伝説。
知られざる伝説のロト2は1~2のセット。この2作は一緒くたに扱われがち。

DQ3のオリジナルシールはこれ。ちゃんと未使用で残ってた。


しかしDQ関連の書籍ってホント多いよなぁ。一体どれだけあるのか…。
少なくとも自分の手持ちだけで200冊超えてる。そもそも4コマだけで100冊以上あるし。
CD関係も多い。CDシアターシリーズも6まで出てるしなぁ。
[ 2010/02/17 ] DQ関連書籍 | TB(0) | CM(0)

マヒャドじいさん

うーん、DQ4コマにハマってしまった。
以前に晒したように1Pコミック劇場も含めると全部で106冊あるので、全部読み切ろうと思ったらかなり大変。

そもそも何で読み始めたかというと、前々回の記事タイトルの「べさめうむちょ」が原因。
唐突に頭に思い浮かんだので使ったんですが、確かこれの元ネタはDQ4コマの西川秀明先生だったよなぁと。
それで確認のために読んでたら、止まらなくなってしまったという。
当初の目的だった「べさめうむちょ」は記憶通り西川秀明先生のネタで合ってた。
トルネコがふしぎなおどりを踊った時に使われてます。


DQ4コマ自体は、モンスター物語に載っていた栗本和博先生のアレフガルド小劇場が元祖。
もっと遡ればDQ3の知られざる伝説に載ってたドラクエ3マガジン(これも栗本和博先生)だけど、
あれは現実世界にDQ3を絡めたタイプの半ページ完結ギャグ漫画なので、スタイルとしては別物。4コマでもないし。
ただ根幹という点ではこっち。そもそもこの漫画がなければアレフガルド小劇場もなかったという。

ちなみにアレフガルド小劇場には怪傑大ねずみや吟遊彫刻家カライなど、後のDQ4コマでお馴染みのキャラも登場してます。
こういう点でもDQ4コマとのリンクは深い。
アレフガルド小劇場はその後に出たアイテム物語にも掲載。


しかしDQ9の4コマはやっぱり出ないのだろうか。
出ないってことはイコールDQ4コマの歴史に終止符ってことになる。これはかなり寂しい。
せっかくDQ6もリメイクされるんだし、なんとかもう一盛り上がりほしいところ。
[ 2009/10/20 ] DQ関連書籍 | TB(0) | CM(0)

六本木のアリス

あや~かしの~ふえ~。


僕たちの好きなTVゲーム 90年代懐かしゲーム編 全1巻
ダビメモ99 全1巻
ドラゴンクエスト ワールドピクロス 全1巻
ドラゴンクエストIV ワールド漫遊記 全1巻


コミックでも攻略本でもなく、ゲーム関連書籍が出てきた。
ワールドピクロスはこんな本があったということすら忘れてました。

ダビメモ99はどうでもいいので省き。折れ曲がってるあたりからもどうでも良さが伺えます。
ワールドピクロスは名前通りにピクロス本。これは子供向けな感じ。
ワールド漫遊記はDQ4に出てくる城・町・村を題材にしたショートストーリー集です。
サントハイム編の挿絵はDQ4コマでお馴染みの新山たかし先生が担当。


僕たちの好きなTVゲームは90年代の名作が年代別に紹介されてます。冒頭では特集もあり。
裏表紙から収録タイトル。


上記のほとんどのタイトルがまるまる1~2ページ割いて紹介されてます。
FF7だけは3ページと優遇。ヴァルケンやぷよぷよなどは0.5ページですが。
一部で有名な海腹川背は1ページ。例の裏設定についても触れられてます。

内容もなかなか濃いし、100万本以上売れたタイトルの売り上げ本数なんかも載ってるので、データ的にも悪くない。
自分のように90年代のゲームには特に思い入れが深いというような人には、オススメの本です。
2003年発売と比較的新しめな本なので、入手も容易かと。
[ 2009/08/10 ] DQ関連書籍 | TB(0) | CM(0)