プリンセスアリーナ

ドラゴンクエスト ~プリンセスアリーナ~/八坂麻美子・小松崎康弘/全5巻


ガンガンファンタジーで連載されていた「ドラゴンクエストIV」のコミカライズ。



・内容
ドラゴンクエストIVの2章「おてんば姫の冒険」を題材としたストーリー。
サラン、テンペ、フレノール、砂漠のバザーのそれぞれでオリジナルのエピソードは挟まれますが、
基本的にはさえずりの塔までは原作準拠です。それ以降は完全なオリジナル展開。

オリジナルキャラクターとして、アリーナの従兄にあたるアルマーという人物が登場。
サントハイム王の兄の息子にあたります。
母親がエルフで、成長していくにしたがって耳が尖っていき、そのことが原因で蔑まれるようになって家出。
子供の頃はアリーナやクリフトと仲良くしていましたが、
人間に恨みを持ってデスピサロの使い魔となり、敵としてアリーナたちの前に出現。

もう1人、フェイミンという魔族の女性も登場します。
デスピサロに絶対の忠誠を誓っており、進化の秘法の実験体でもあります。
最初は敵として現れますが、クリフトに命を助けられたことがきっかけで少しずつ惹かれていくように。
最後は魔族の攻撃からクリフトをかばって死亡するという悲劇のキャラクター。

ストーリーの軸となっているのは黄金の腕輪。
この作品のオリジナル要素として、腕輪には8つの宝石がはめられていたということになっています。
それが全て無くなっており、アリーナたちはその宝石集めの旅をすることに。

ラストはエルフたちの住処でアルマーと対決?をし、黄金の腕輪を奪還。
そしていざエンドールへ…というところで終了です。



・感想
DQ4の2章を描いたコミカライズ作品。
3巻(18話)までは小松崎康弘先生が脚本を担当していたが、
それ以降は八坂麻美子先生が完全に一人で全てを担当することに。

まぁ早い段階から怪しい雰囲気は漂っていた。
作者コメントやあとがきなどを見ても、うまくいっていないんだなぁというのが伝わってきていたし…。
やはりというべきか、小松崎康弘先生は途中で降板してしまったと。

3巻はさえずりの塔でさえずりの蜜を取ってきて、サントハイム王を治すところまで。
原作であればこの後はエンドールへ行って武術大会に参加するわけだけれど、
この作品ではここから完全なオリジナルストーリーに突入する。
まぁ小松崎康弘先生が担当していた3巻部分までも、オリジナルエピソードは至る所に導入されてはいたけど。

正直、4巻以降は面白くない。
自分がゲームのコミカライズ作品においてのオリジナル展開があまり好きじゃないというのもあるんだけど、
それを差し引いても面白いとは言えない。
まぁもっとぶっちゃけてしまうと、3巻までも微妙ではあったりする。キャラの可愛さで持っている感じ。

一応アリーナが主人公なんだけれど、クリフトの方が目立っている。実質主人公みたいな感じで、やたらモテる。
アルマーとフェイミンはかなりキツかったなぁ…。
オリキャラは出番があっさりしてればいいんだけど、ここまで深くストーリーに関わってこられるとちょっとね。
好きな人には申し訳ないが、自分的には大きなマイナス要素だった。「天空物語」のカデシュなんかも同じ。

単行本のみのおまけ要素としては、1~3巻に小松崎康弘先生のあとがきがある。
八坂麻美子先生のあとがきは全巻に。
あと4巻にはアルマーとフェイミンの詳細データ有り。DQのステータス画面風にレベルやHP・MPなどを掲載。
4巻には岩川有里というアシスタントさんが描いた1枚絵も掲載されている。

裏表紙はアリーナの描き下ろしコスプレ集。
1巻が戦士、2巻が魔法使い、3巻がピンクのレオタード&炎の爪、4巻がクリフト、5巻がお姫様。
見所なのは…やっぱり3巻?モンスターもアリーナのエッチな格好に見とれてデレデレ。
2巻も見ようによってはセクシーかもしれない。
[ 2012/11/30 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

ドラゴンクエスト

気が付いたら1ヶ月近く更新してない。勿論ついったーの方も全然更新せず。
DQを1からやり直したいなぁと思って引っ張り出してきたのが1ヶ月前?結局まだやれてないけど。
そんなわけでFC版。
Tags : FC DQ1 DQ2 DQ3 DQ4
[ 2010/06/14 ] FC | TB(0) | CM(0)

無限に広がるDQ世界

DQ強化週間もとりあえずラスト。最後は漫画。






プリンセスアリーナ、精霊ルビス伝説、ドラゴンクエストモンスターズ+、ドラゴンクエストIV外伝。
普及のためにスポットライトの当たりにくい作品をチョイス。


プリンセスアリーナはDQ4の2章を題材にした作品。
しかしいざエンドール!ってところで終了。打ち切り感がなんとも…。

精霊ルビス伝説は小説版のコミカライズ。
完全準拠ではないので、小説版を読んだことのある人でも楽しめるはず。

ドラゴンクエストモンスターズ+はDQ2好きな人にはいいかも。
ローレシア王子、サマルトリア王子、ムーンブルク王女の3人が出てきます。

ドラゴンクエストIV外伝は、ダイの大冒険と同じ作者です。
「ドラゴンクエストIV 地獄の迷宮」「DQI秘伝 竜王バリバリ隊」の短編2本を収録した単行本。
DQ4の方は主人公がギィンというオリキャラだけど、
勇者、クリフト、マーニャ、ミネア、トルネコも一応登場。


強化週間ラストとはいってもまだDQ関係の本はあるので、これらはまたいつか。
[ 2010/02/18 ] DQ関連書籍 | TB(1) | CM(0)

パフパフむすめといいおとこ どっちがすきだ?

今回はDQ短編集。


アイテム物語、モンスター物語、知られざる伝説。
知られざる伝説のロト2は1~2のセット。この2作は一緒くたに扱われがち。

DQ3のオリジナルシールはこれ。ちゃんと未使用で残ってた。


しかしDQ関連の書籍ってホント多いよなぁ。一体どれだけあるのか…。
少なくとも自分の手持ちだけで200冊超えてる。そもそも4コマだけで100冊以上あるし。
CD関係も多い。CDシアターシリーズも6まで出てるしなぁ。
[ 2010/02/17 ] DQ関連書籍 | TB(0) | CM(0)

すっかりDQブログ化

DQシリーズの小説。7のだけ見つからんかった。どこにしまったかな…。




小説には小説の良さがあるので、DQファンならこれも抑えておきたいところ。
新書版なら今でも入手容易だし。
とりあえず5の仲間モンスターがいい味出してる。
4は見ての通り、1・2巻と3・4巻の表紙が繋がってます。細かいこだわり。


DQ6のリメイクで久しぶりにゲームブックと小説が読みたくなって、
他シリーズのと一緒に引っ張り出してきたけど、やっぱりいいですなぁ。
[ 2010/02/16 ] DQ関連書籍 | TB(0) | CM(0)

懐かしのゲームブック

DQシリーズのゲームブック。
持ってないのはたぶん双葉社版の1だけだと思う。




ゲームブックって今でもあるのかねぇ。
90年代後半にはもう絶滅状態だった気がするけど。
物凄く簡単に説明すると、本で楽しむノベルゲーって感じ。選択肢を自分で選んで進めていくと。
間違った選択をしたり、戦闘で負けたら当然ゲームオーバーにもなったりする。


オススメはエニックス版の2かなぁ。
サマルトリア王子(カイン)がやたら男っぽくてカッコいいという、他とは一線を画している作品。
下巻に載っているサマルトリア城攻防戦も素晴らしいです。
双葉社版の2は死に方が結構グロいのが多く、トラウマになりかねないかも。

1もゲーム的にはなかなか楽しめる。専用のフィールドマップ付。
欠点はこれをなくしたらできないということだけど。


ゲームブックはゲームを楽しむ目的だけじゃなく、純粋な読み物としてでも楽しめるのが魅力。
古本屋でもたまに見かけるので、DQファンで読んだことのない人は是非に。
リメイク版が出たばっかの6もあるし。3巻と4巻の順番間違えてますが。
でも後ろの作品ほど数が出てないっぽいので、一番入手困難かも。3が一番出回ってるのかな?
[ 2010/02/16 ] DQ関連書籍 | TB(0) | CM(0)

六本木のアリス

あや~かしの~ふえ~。


僕たちの好きなTVゲーム 90年代懐かしゲーム編 全1巻
ダビメモ99 全1巻
ドラゴンクエスト ワールドピクロス 全1巻
ドラゴンクエストIV ワールド漫遊記 全1巻


コミックでも攻略本でもなく、ゲーム関連書籍が出てきた。
ワールドピクロスはこんな本があったということすら忘れてました。

ダビメモ99はどうでもいいので省き。折れ曲がってるあたりからもどうでも良さが伺えます。
ワールドピクロスは名前通りにピクロス本。これは子供向けな感じ。
ワールド漫遊記はDQ4に出てくる城・町・村を題材にしたショートストーリー集です。
サントハイム編の挿絵はDQ4コマでお馴染みの新山たかし先生が担当。


僕たちの好きなTVゲームは90年代の名作が年代別に紹介されてます。冒頭では特集もあり。
裏表紙から収録タイトル。


上記のほとんどのタイトルがまるまる1~2ページ割いて紹介されてます。
FF7だけは3ページと優遇。ヴァルケンやぷよぷよなどは0.5ページですが。
一部で有名な海腹川背は1ページ。例の裏設定についても触れられてます。

内容もなかなか濃いし、100万本以上売れたタイトルの売り上げ本数なんかも載ってるので、データ的にも悪くない。
自分のように90年代のゲームには特に思い入れが深いというような人には、オススメの本です。
2003年発売と比較的新しめな本なので、入手も容易かと。
[ 2009/08/10 ] DQ関連書籍 | TB(0) | CM(0)

ガッカリですよ

DQ4は、昨日エビルプリーストを倒して完全クリアしました。
ただ1つ言わせてもらっていいですかね。PS版と変わってねえじゃん!と。
「下手こいた~」と小島よしおになりたい気分です、本当に。
これは情報を遮断してたのがアダになった。金返せと言いたい気分。

キャラの顔グラが表示されるようになったり、
ふくろが1~4章にもあるなどの追加要素はあるんだけど、
そんなシステム面よりもオマケ要素の方を期待してたワケですよ。
それなのに何もなし。正直これはないわ…と。

FC時代からリアルタイムでやってきているDQシリーズですが、今回はかなり幻滅。
FF4はGBAで出てから日が経っていないのでスルーだけど、
DQ4は6年経ってるのにこれだからなぁ。
メリットは携帯機だからどこでもできるってだけですね。
Tags : DQ4
[ 2007/12/01 ] DQ4 | TB(0) | CM(0)

復活?

月も替わって復活しやした。
ちょっと最近忙しくてねぇ…と言い訳のようなものを。
というか前回更新が9月だから3ヶ月間消えてたわけか。結構長いすね。

この3ヶ月何をやっていたかといえば…そんなに何もやってません。
熱心にやったのは友人から借りた東方妖々夢と、11/22に出たDQ4ぐらいかな。
東方シリーズ自体は、紅魔郷だけ自分で持ってたりします。
STG苦手なのでこりゃ自分には合わないかなぁ、と思って
次回作の妖々夢以降はスルーしてたけど、久しぶりにやってみるとこれが面白い。
まぁ紅魔郷もExtraを霊夢と魔理沙両方でクリアするぐらいにはやってたんですが。


妖々夢の方はEasy→Normal→Hard→Extra→Phantasmと、
順番に全キャラ全武器でノーコンクリア。スペルカードもここまでは全Get。
んでLunaticやってたわけですが、あの凄まじい弾幕はありえん…。
ノーコンクリアなんて夢のまた夢。
咲夜で6面のバタフライディルージョンまでいけたのが、今のところ最高記録です。
ただコンティニューありなら一応全キャラLunaticまでクリア済み。

スペルカードは139/141で、
「生者必滅の理 -魔境-」と「反魂蝶 -八分咲-」の2つだけ取れてません。
前者は気合入れて何回かやれば取れる手応えがあるけど、後者は絶対無理。
[ 2007/12/01 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

DQ4発売日決定

ニンテンドーDS版、DQ4の発売日が11月22日に決定。
これは今年買う2本目の新作ゲームになりそう。リメイクだけども。
今年はPS2のひぐらし祭しか新作買ってないからねぇ。
同人もありなら、昨日も書いたうみねこを含めて3本。

しかし最近は本当にリメイクしか買ってないなぁ…。
去年もたぶん、FF3、5~6の3本だけしか買ってないと思う。
今年買ったひぐらし祭は移植だけど、リメイクみたいなもんだしねぇ。
なんか最近のゲームってやりたくなるようなのがイマイチない。
このままだと、次に買う完全な新作はDQ9になりそうだ。

発売日が決まったとはいえ、
いつものように情報は完全シャットアウトしているので追加要素とかはさっぱり。
4はPS版を発売された直後にプレイしたっきりなので、結構楽しみ。
FC版は10回ぐらいはクリアしたけどねぇ。
2章でアリーナたちのLvを40まで上げたりも。
メタルスライムを聖水で一撃で倒せるってのは本当に大きい。
Tags : DQ4
[ 2007/09/13 ] DQ4 | TB(0) | CM(0)