バーバラの実体はいずこ

5日目でなんとかDQ6をクリアしました。

Lvは主人公35、ハッサン35、ミレーユ34、バーバラ32、チャモロ33、ホイミン30、テリー34、ドランゴ12。
職業は主人公、ハッサン、テリーがバトルマスター、ミレーユがスーパースター、
バーバラ、チャモロ、ホイミンが賢者、ドランゴがドラゴン。

万全を期してLvを上げてから挑んだおかげか、結構余裕をもってデスタムーアを倒せました。
メインの4人だけじゃさすがに無理なので、8人フル動員。
といってもバーバラだけはいないようなもんでしたが。
チャモロはザオリク、ホイミンはベホマズン要員として活躍。
ミレーユはハッスルダンス。他の4人は主に打撃面で仕事。


EDは変わってなかったなぁ。バーバラ救済はなしか…。
クリア後の隠し要素にもちょっと期待できない。
モンスター図鑑を見るとほとんど埋まっていて、
残りはSFC版にもあった隠しダンジョンの敵で全部じゃないかと思う。
ダークドレアムイベントが改良されてなければ、もう変化はないのではないかと。

なんかDS版4~5に続いてまたも失敗した感が…。
DSリメイクだと追加要素がなさすぎる。すれ違いとか9だけで十分だし。
僅かな可能性に期待して、隠しダンジョン目指して職業Lv上げの日々か。
Tags : DQ6
[ 2010/02/01 ] DQ6 | TB(0) | CM(0)

ボスよりザコの方が強い

4日目のDQ6はなげきのろうごくクリアまで。


デュランは主人公27、ハッサン28、ミレーユ26、バーバラ21で撃破。
ミレーユ:遊び人→スーパースター
に転職済み。

事前準備として、ほしふるうでわを主人公、はやてのリングをミレーユに装備。

1戦目のキラーマジンガ&ランドタートルは、ハッサンにおうだちで対応。
1ターン目にミレーユとバーバラのスカラで固めれば死ぬことはない。
HPが100を切りそうだったら、主人公のゲントの杖とバーバラのベホマで対応。

2戦目のテリーはミレーユとバーバラでスクルトを限界まで重ねがけ。
らいめいのけんがきたら、主人公のゲントの杖と、はやてのリング装備のミレーユのベホイミで対応。

メインのデュランも1戦目と同じ、ハッサンにおうだち。
ミレーユとバーバラによるスカラ2回がけも同じ。これでかまいたち以外はダメージ一桁。
いてつくはどうがきたらまたスカラかけ直し。回復は主人公のゲントの杖とミレーユのベホイミで。

攻撃面は主人公の通常攻撃とミレーユ&バーバラのほのおのつめ。
1人あたり平均80ダメぐらい当たるので、上出来。
やはりピンチらしいピンチはなく撃破。
何気に一番強いのはヘルクラウドだった。しんくうはとバギクロスのダメージがおかしい。


ここでパーティー入れ替え。
アモスとピエールを外し、テリーとイベントで仲間にしたドランゴを追加。
なんかテリー強くなってる?能力値だけ見たらかなり使えそうなんですが。

ピエールはスライム格闘場のことを考えたら、入れて育てた方がいいかもしれないけど、
個人的にスライムナイトはあまり好きじゃなかったり…。
ホイミスライムは大好きなので、こっちを育てればよしと。


アクバーは主人公30、ハッサン31、ミレーユ30、バーバラ26で撃破。
主人公:武闘家→バトルマスター
ハッサン:戦士→バトルマスター
バーバラ:魔法使い→賢者
に転職済み。

主人公のゲントの杖、ミレーユのベホイミ、バーバラのベホマを惜しみなく使って粘りの勝負。
そして隙を見てスクルトを限界までかけるのと、ルカニでアクバーの守備力下げ。
ベホマスライムを呼ばれたりザオリクで蘇らせられたら、最優先で倒す。
ミレーユがハッスルダンス覚えてたら楽だったんだけども…。

途中、1ターン内で痛恨を連続で食らって主人公とミレーユが死んだりしたものの、
バーバラのザオラルがうまく決まり、最終的に全員生存で勝利。
全員上級職でもこれだから、今までで一番キツかったかも。


ズイカク、ショウカクは主人公31、ハッサン31、ミレーユ30、バーバラ27で撃破。

スクルト重ねがけで粘ってたら、途中から敵の行動がパターンなのに気付く。
ショウカクはザコなのでどうでもいいとして、ズイカク。
通常攻撃→がんせきおとし→におうだち→ベホイミ→踏み付け→瞑想→通常攻撃…のループ。
がんせきおとしをまともに食らうとHP112のバーバラが即死することがあるので、
このターンだけは防御。

相手はすばやさが低く、確実にこっちは全員先に行動可能。
ラミアスの剣で主人公とハッサンの攻撃力を2倍にし、バーバラはショウカクへルカニ。
ミレーユはベホイミで回復役。余裕があればらいめいのけん使用。
ショウカクが力を溜めた次のターンは、念のためバーバラを防御させておく。
守備力を上げきったハッサンが普通に114も食らっていたので。

ズイカク1匹になったら主人公とハッサンの攻撃をメインに、
ミレーユとバーバラもらいめいのけんとほのおのつめで地道に削る。
そんな感じで時間がかかりながらも撃破。


これで後はデスタムーア城のみ。
早ければ明日、遅くとも明後日までにはクリアできるかな。
しかしバーバラ入れてるとこんなに厳しくなるとは思わなんだ。
SFC版だと普通にLv30未満でデスタムーア城まで行けてたしなぁ。
Tags : DQ6
[ 2010/01/31 ] DQ6 | TB(0) | CM(0)

ロビン2が使えないDQ6なんて

3日目はグラコスを倒し、サリィにさびた剣を預け、ライフコッドで自分を取り戻したあたりまで。


ミラルゴは主人公24、ハッサン25、ミレーユ23、バーバラ18で撃破。
主人公:戦士→武闘家
ミレーユ:踊り子→遊び人
に転職済み。2人とも前職をマスターしたため。

遊び人のミレーユは行動が予測できないので、基本的にはいないものとして考えることに。
回復は、はやてのリングを装備した主人公のゲントの杖がメイン。ほぼミラルゴより先に行動可能。
ハッサンはせいけんづきをミラルゴに。ミレーユは開幕からのスクルト以外は防御。
バーバラも回復役に回るターン以外は防御。

ベギラゴンがきたらゲントの杖をバーバラに。
バーバラはベホイミで一番ヤバそうなキャラを回復。ずーっとその繰り返し。
まぁベギラゴンは4~5ターンに1回程度の割合でしかこなかったので、運が良かったかも。

呼び出されたランプの魔人はミラルゴ撃破まで放置。
スクルトの重ねがけで物理攻撃はしょぼいので、バギマがやや気になる程度。
そんな感じでターンを重ねていき、無事に撃破。
事実上3人での戦闘だった割には、うまくいった感じです。
これといってピンチはなく、死者も当然なし。


グラコスは主人公26、ハッサン27、ミレーユ25、バーバラ20で撃破。
ハッサン:武闘家→戦士
バーバラ:僧侶→魔法使い
に転職済み。

ただでさえHPの低いバーバラが魔法使いになったことで、さらにHPが低下。
Lv20時点で65しかない状況でしたが、グラコスが1回攻撃なのが幸いして軽く撃破。

主人公は相変わらずゲントの杖で回復役。ほしふるうでわ装備で確実に先制できる状態に。
ハッサンはきせきのつるぎ装備でひたすら攻撃。ダメージによる自力回復は大きい。
ミレーユはバーバラと一緒に開幕からスクルト。
スクルトが4回かかりきったところでほのおのつめに移行。ただ相変わらず遊び人なのでアテにはしない。
バーバラは基本的にはミレーユと同じ行動。
マヒャドとこおりつくいきが飛んできたらベホイミ。ミレーユは安全に防御。

この戦法でピンチらしいピンチもなく撃破。
まぁ事前に最後の鍵で上下世界からいろいろ集めてきたので、当然ではあるんですが。
宝物庫はマジンガが怖いので近寄らず。でも普通に倒せるかな?行ってみるか。
レイドック地下はグラコス撃破後に行ったけど、先に行って力の盾を取っておいた方がもっと楽だったか。


そして現在はガンディーノ。これからスフィーダの盾を取りにいくところです。
ちゃんと3つの情報も集め済み。
発売当時にリアルタイムでSFC版やってた時は、スフィーダ入手がDQ6で一番苦労したなぁ。

そういえば今回仲間モンスターシステムが無くなってますが、
これは個人的に大改悪と言わざるを得ない。
仲間モンスターシステムは個人的に凄い好きなので。だからこれだけで-20点。
スライムだけとかふざけてる。それに戦闘後に起き上がるあれもいいというのに。

一応現在までに仲間になったのは、スライムナイトとホイミスライム。
この時点で2匹ってどうなんだろうか。なんか見逃してるのがいっぱいいるかもしれない。
特に一番スタンダードなスライムがまだ仲間になってないしなぁ。まさかルーキーだけとか?
あ、ベストドレッサーコンテストの場所でキングスライムは確認。
高ランクになれば仲間になってくれそうな感じ。
マリンスライムのマリリンもあっちこっちで見かけた。
Tags : DQ6
[ 2010/01/30 ] DQ6 | TB(0) | CM(0)

愛がなければ使えない

2日目はジャミラス撃破まで進行。


真ムドーは主人公とハッサン17、ミレーユ16、チャモロ14で撃破。
1戦目は楽勝で、2戦目も序盤は余裕の展開。
しかし途中で主人公とチャモロが2人同時に眠り状態になり、
その状態から凍りつく息と稲妻が毎ターン飛んでくるという最悪な状況に。
ミレーユのベホイミだけでは当然追いつかず、勝つには勝ったものの、
主人公とミレーユの2人が犠牲となりましたとさ。


そしてダーマ神殿にて転職。
主人公:戦士
ハッサン:武闘家
ミレーユ:踊り子
バーバラ:僧侶
チャモロ:魔法使い

まぁ無難な感じに。踊り子を入れたのはスーパースター目的。
全員即メラミや全員回し蹴り習得などは、つまらなくなるので封印。


その後モンストルにてアモスを仲間に。アモスは盗賊に転職。
メインパーティーは主人公、ハッサン、ミレーユ、バーバラ。物語的に王道な4人で。
戦力だけで考えるなら主人公、ハッサン、アモス、チャモロが王道か。
男臭溢れるパーティーだけど、みんな強いので凄い楽に進められる。


ジャミラスは主人公21、ハッサン22、ミレーユ19、バーバラ15で撃破。
戦闘では逃げない方針とエンカウント率の高さから、
意識的にLv上げしてなくてもガンガン上がりますやね。
かといって熟練度がもらえなくなるほど上がってるわけでもないので、今のところはちょうどいい感じ。

しかしバーバラを入れてるせいでボス戦が辛すぎる。最大HP60ちょいしかない。
しんくうはを1発食らったら致命傷だし、ジャミラスなんかスカラがかかってないと通常攻撃1発で死ぬ。
Lv上がるのも遅いしなぁ。競馬だと1頭だけ60kgを超えるハンデを背負わされているようだ。
Tags : DQ6
[ 2010/01/29 ] DQ6 | TB(0) | CM(0)

マルシェ…?

初日のDQ6は、アモールで鏡のカギを入手したところまで。
これから月鏡の塔です。ここでバーバラ加えて次はムドーだったっけか。
現在のLvは主人公とハッサンが11、ミレーユが8。


ここまでで気になったのは2点。

・シエーナ→マルシェ
シエーナから名前変わってます。意味不明な変更点だ。
慣れ親しんでるシエーナじゃないと違和感ありまくり。

・フィールドマップが狭い?
なにぶん久しぶりなので勘違いかもしれんですが、SFC版より狭くなってる気が。
だから目的地まですぐ着く。そのぶんエンカウント率が高い。
バンバン敵と遭遇します。


良い点では、戦闘のテンポ。DQ9と比べてしまうと雲泥の差。
これぐらいサクサクだったらDQ9の評価も上がるんだけどなぁ。
Tags : DQ6
[ 2010/01/28 ] DQ6 | TB(0) | CM(0)

ドラゴンクエスト6

やってきました。DQ6の発売日でございます。
FCの1からナンバリング作品はリメイクを含めて全て所持しているDQフリークなだけに、当然ゲット。


DQ6はかなり久しぶりのプレイになる。7~8年ぶりかな。
なので新鮮味は十分なはず。
DQ9はDQ6が終わるまではWi-Fiショッピングのみで。まだ海賊装備揃ってないし。
てか毎日やってるのに1日しか出てきてない。運悪いわなぁ。
Tags : DQ6 DQ9
[ 2010/01/28 ] DQ6 | TB(0) | CM(0)

六本木のアリス

あや~かしの~ふえ~。


僕たちの好きなTVゲーム 90年代懐かしゲーム編 全1巻
ダビメモ99 全1巻
ドラゴンクエスト ワールドピクロス 全1巻
ドラゴンクエストIV ワールド漫遊記 全1巻


コミックでも攻略本でもなく、ゲーム関連書籍が出てきた。
ワールドピクロスはこんな本があったということすら忘れてました。

ダビメモ99はどうでもいいので省き。折れ曲がってるあたりからもどうでも良さが伺えます。
ワールドピクロスは名前通りにピクロス本。これは子供向けな感じ。
ワールド漫遊記はDQ4に出てくる城・町・村を題材にしたショートストーリー集です。
サントハイム編の挿絵はDQ4コマでお馴染みの新山たかし先生が担当。


僕たちの好きなTVゲームは90年代の名作が年代別に紹介されてます。冒頭では特集もあり。
裏表紙から収録タイトル。


上記のほとんどのタイトルがまるまる1~2ページ割いて紹介されてます。
FF7だけは3ページと優遇。ヴァルケンやぷよぷよなどは0.5ページですが。
一部で有名な海腹川背は1ページ。例の裏設定についても触れられてます。

内容もなかなか濃いし、100万本以上売れたタイトルの売り上げ本数なんかも載ってるので、データ的にも悪くない。
自分のように90年代のゲームには特に思い入れが深いというような人には、オススメの本です。
2003年発売と比較的新しめな本なので、入手も容易かと。
[ 2009/08/10 ] DQ関連書籍 | TB(0) | CM(0)