東方の話

今回は東方にしておこう。

鬼形獣、出たみたいですね。当然自分も買いますが、まだ予約はしておりません。
今現在東方二次創作ゲームを集めているということもあり、
どうせなら他の東方二次創作ゲームを一緒に買おうと考えています。なのでそれらのチェックをしてからですねぇ。
委託開始日までには予約します。

ただ、鬼形獣自体はいつやるか分かりません。
前は神霊廟から間全部飛ばして鬼形獣をやるみたいな感じで言いましたが、やっぱり順番にやろうかなと。
神霊廟の次って輝針城だったっけか。そこからですね。

あ、ちなみに外付けDVDドライブはとっくに購入していますので、やろうと思えばいつでもできる状態にはあります。
FDDも買いました。これの利用目的は動作確認なんですよね。昔のFDが生きているかどうかのチェック。

東方の話は頻度が少なく、しかも表面的にしかしていないので分かりにくいんですが、実際は毎日結構触れていたりします。
情報追いかけたり動画見たりイラスト見たりとかですね。
なので今は去年の予定通りの東方中心になっているのは間違いありません。原作をやれていないだけで。
整理作業の方があと簡単な作業だけになりましたので、1ヶ月後ぐらいを目処に原作もやり始めたいところ。

東方のソシャゲについて。
東方キャノンボールと東方LostWordという2つのソシャゲが出る予定みたいですね。
自分はソシャゲやらない人間なんですが、これに関してはだいぶ迷っていて、現在はやる方向に大きく傾いています。
やっぱり東方という作品は好きなので、できうる限り触れていきたいという気持ちがある。

ただ、やるにしても課金は絶対にしませんけどもね。ここだけは曲げられない。
課金する金があるなら旧作や西方作品、東方二次創作ゲームの購入費用に回します。
もちろん自分が現在集めている物の購入費用に対してもね。
Tags : 東方全般
[ 2019/08/20 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

東方鬼形獣

どうやら東方鬼形獣の体験版が出たとのことで、プレイしてみました。


数時間かけてとりあえずLunaticをクリア。
神霊廟から一気に間をすっ飛ばしてのプレイになりますが…基本的な部分は変わってないですね。

ただ、物凄く難しく感じました。このSS見ても分かるようにギリギリのクリアでございます。
単純に今作は難易度が高いのか、それともSTG自体が1年ぶりとなるので、そのブランクのせいなのか。
全然道中のパターン作ってない(覚えてない)とか、ボスの通常&スペカの攻略法よく分かってないとか、
プレイ経験の少なさによるものもあるとは思いますけどね。まぁ一応クリアできただけも良しとするか。

システム面は…星蓮船のベントラーシステム再びって感じですかね?
正直星蓮船ってあんまりやってないので(紅~神までの中では最もプレイ回数が少ない)、
記憶が非常に薄いんですけども、ベントラーは苦手なタイプのシステムだったような気がします。

鬼形獣でも動物霊の取得に意識が行き過ぎて、敵や弾への意識が疎かになり被弾というのが非常に多い。
取りに行かなくてもずっと画面上を飛び回ってるので見にくいし、
敵弾避けに必死になってると、3種類あるうちの揃えたくない動物霊を回避できず取ってしまうというのも多々ある。
これ最後まで慣れることができずに苦しめられることになるんだろうなぁ…。

鬼形獣からなのかどうかは分かりませんが、今回実績システムもあるんですね。
とりあえずLunaticで全機体一通りコンティニュークリアして機体別クリアの実績は制覇。
難易度別はLunaticしかやってないので、これのノーコンティニュークリアだけ達成。

あとレア動物霊関係は1、2面だけ出ました。
1面は人魂だったか怨霊だったかを一つも破壊せずに中ボス撃破。これは霊夢のオオカミ霊で出したはず。
2面は中ボスに接近して倒す。これは妖夢でトランス?中に速攻撃破狙いで接近してたら出た。
あとは3面だけか。ヒントはあるけど具体的な条件は分からないのでなんとも。1、2面のも偶然出ただけなので。

最後に感想。やっぱり東方は面白い。
まだ作業が終わってないので本格的に再開したわけではなく、
今回は体験版が出たということでお試し的な感じでプレイしてみたわけですが、良い息抜きになった。
機会があれば時間見つけてノーミスぐらいは目指してもいいかもしれませんね。
ノーミスノーボムは今の自分では腕がついていかないので無理。10年前のレベルに戻りたいなぁ。
Tags : 東方全般
[ 2019/05/26 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

きけいじう

10連休で気合入れて整理作業を進めてたんですが、終わらせる予定だったのが結局8割ぐらいまでしか行けず。
5月中に残り2割をなんとかしてそこから東方漬けになりたいですね。
本来の予定だと2月ぐらいにはなってるはずだったのになぁ。
これは自分の腰が重いのと、思った以上に量があったという両方の理由。

そういえば今回の整理中に、長らく行方不明だった東方原作をついに!発見しました。
紅魔郷~神霊廟までの作品ですね。まぁ紅魔郷と風神録と神霊廟だけはインストール済みだったんですけども。
前PCのHDDも今のPCに増設して繋いでるので、前PCの時点ですでに入っていたこの3つはそのまま。

何で他の作品はインストールしていなかったのかという話。
神霊廟は簡単。前PCは2011年7月に買い換えていて、神霊廟が出たのはその直後です。
新作を買ってインストールするのは当然の行為。

紅魔郷と風神録に関しても、この2つは東方原作の中でもトップ3に入る好きな作品なので入れたんでしょう。
まぁそれだと同じくトップ3に入る妖々夢は何で…ということにもなりますが。
他の作品はまぁ優先度が低く、遊びたくなった時に入れたらいいか程度の気持ちだったんだと思う。
そして入れないまま片付けられて行方不明に…。

ちなみに東方原作だけではなく、何回かに分けて購入していた他の同人STGもまとめて一緒に入っていました。
これらも1割程度しかやってないしなぁ。なんとか遊びたいところ。

しかし最大の問題がありまして、なんと今のPCにはDVDドライブが付いていないんですよ。
正確には付いていたけど外してしまった、ですかね。
増設するのも面倒なので外付けでなんか買うかなぁ。ついでに言うとフロッピードライブも欲しい。
こっちも外付けで探してみるか…。

東方の原作を再開するにはもう少しだけかかりそうですが、東方の情報はちゃんと仕入れるようにしています。
また新作が出るみたいですね。東方鬼形獣。
輝針城~ナイトメアダイアリーまでをすっ飛ばして、おそらくいきなりプレイすることになる可能性が高いです。
Tags : 東方全般
[ 2019/05/13 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

量を取るか質を取るか

東方二次創作ゲームの下調べ終了。
漏れは当然あるでしょうが、おそらく世に出た作品の9割以上は見つけられたかと。
じっくり調べたので、脳と目が非常に疲れた。

数の傾向。2011年までは伸び続けていますが、2012年から減少が始まりますね。
2014年からガクっと落ちる感じです。以降も減少傾向は止まらず。
ここ2、3年は2008年ぐらいの水準まで落ちているかと。

気になった作品は、最終的にやはり数百本単位になりました。
集めようと思ったら10万の予算では不可能。一応倍まで上げてはみましたが、20万でも足りるかどうか。
ただ20万あれば西方2作品が普通に買えてしまうと思うので、使い方が間違っている気はする。
Tags : 東方全般
[ 2019/03/31 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

今も出続けている

東方二次創作ゲームを調べ始めました。
一応年代が古いものから順番に頑張って色々なところから情報を集めて調べていますが、
2004~2006年あたりは数が少ない。2007年も少し増えたものの、まだ少ない方。

そして2008年から一気に増加。東方が爆発的に流行り始めた時期がこの辺ですかね。
2009年になるとさらに大きく増加。とりあえず現時点ではここまで。
まずどのような作品が出ていたのかを見つけるので一手間。
そして出ていた作品の詳細を1本ずつ調べるので二手間。めっちゃ時間かかるわけですよ。

2009年までの段階で興味を惹かれたのは50本近くありました。
おそらく2019年まで全部調べ終わる頃には数百本単位になるのでは…。
予算的には10万以内と考えているけど、これじゃ超えるかもなぁ。
そもそもこの本数だと遊び切れないとも思うんですよね。要検討。
Tags : 東方全般
[ 2019/03/22 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

蒐集終了

東方蒐集ツアー第3弾を実行。
下調べした時に分かったんですが、音楽CDにもプレミア物があるんですね…。
「未知の花 魅知の旅」という作品。

ゲームの方は旧作、書籍は東方三月精の最初の、音楽はこれ。
どのジャンルも1つはあると。
蒐集難度の高い作品ですね東方は。

とりあえず今回は「未知の花 魅知の旅」以外のCDを全部購入しました。
「未知の花 魅知の旅」は旧作や西方2作品と共に機会があれば購入リストに追加しておきます。
一応これで東方蒐集ツアーは完結ですね。今後はリアルタイム購入で。

前にちらっと言ったんですが、東方の二次創作ゲーム。
今後の東方集めはこっちに切り替えていきます。というか音楽CDと一緒にいくつか買ってきました。

東方幻想麻雀(4N以外)、東方の迷宮(1のスペシャルディスクと2)、メガマリ、スーパーマリサランド、
スーパーマリサワールド、紅魔城伝説(1と2)、東方冥異伝 Gold Edition

今回購入したのは上記のラインナップ。人気と評判が良さげなのに絞った。要はミーハーチョイスですね。
時間がなくて少ししか調べられなかったので、こういう結果に。
次からはもっとじっくり調べて興味を惹かれたやつだけ買うようにしたいと思います。

個人的にちょっとアレなのが冥異伝。10年ぐらい前に買った零まだ未開封です…。
で今回買ったGold Editionにはこの零も含まれているようなので、買って完全に損したなぁ。
確か3000円ぐらいした記憶ありますよ。無駄な出費だった。

下調べがほとんどできなかった結果スルーすることになったのが、不思議の幻想郷シリーズ。
いろいろ出ているようで、どれが本編なのかとかを全然把握できなかったため今回は見送り。
次はちゃんと調べないと…。

東方二次創作ゲームを調べるうえで難しいところは、まず数が膨大なのが一番。
次に、タイトルに必ずしも「東方」が入らないということ。これだけで相当な数の作品を見逃しますね…。
というか見つけようがない。存在すら知らない作品になってしまう。

東方二次創作ゲームの一覧とかあれば一つ一つ調べるのも問題ないんですが、
現実はそう甘くはないわけで。あっても有名な作品の一覧しかないですね。
自分が求めているのはマイナーどころの存在なんですけども、難しい。


さて、最後に東方への本格復帰時期。これは4月にずれ込みそうです。
2つ目の作業がようやく終わったので、最後の1つをこれからやっていきます。
これも1ヶ月ぐらいはかかりそうだからなぁ。
Tags : 東方全般
[ 2019/03/07 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

読みたい欲を抑える

FCのRPGは1本クリアしてるんですが、細かく内容書きたいので保留、というか書き途中です。

前回の記事で書いた「東方三月精 Eastern and Little Nature Deity」ですが、その後偶然見つけたので購入。
お値段は3500円。定価の2倍以上ですが…プレミア度合いを考えたらこれぐらいが下限に近いかなと。
ちゃんとCDも付いてますしね。ついでに帯も。本自体の状態も良好なので結構運が良かったか。

これで現時点での東方公式書籍は集まりましたかね。
チェックしたら3月にまた2冊ほど出るようなので、そっちはできるだけ発売日に買う方向で。遅くとも2、3日以内には。
あとはCD集めて終わり。格ゲー方面は気が向くまで手出しません。
Tags : 東方全般
[ 2019/02/12 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

43冊

予定通り東方関連書籍買いました。
今回購入したのは以下。


東方文花帖 Bohemian Archive in Japanese Red.
東方紫香花 Seasonal Dream Vision.
東方求聞史紀 Perfect Memento in Strict Sense.
The Grimoire of Marisa
東方求聞口授 Symposium of Post-mysticism.
東方文果真報 Alternative Facts in Eastern Utopia.
東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 壱
東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 弐
東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 参
東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 肆
東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 2018 Spring!
東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 2018 Autumn!
東方香霖堂 Curiosities of Lotus Asia.
東方儚月抄 Cage in Lunatic Runagate.
東方儚月抄 Silent Sinner in Blue. 全3巻
東方儚月抄 月のイナバと地上の因幡 上下巻
東方三月精 Strange and Bright Nature Deity 全3巻
東方三月精 Oriental Sacred Place 全3巻
東方三月精 Visionary Fairies in Shrine. 1、2巻
東方鈴奈庵 Forbidden Scrollery. 全7巻
東方茨歌仙 Wild and Horned Hermit. 1~9巻


ど~んと大人買い。
悩んだんですが、結局コミックも購入することにしました。

すでに出ている公式書籍はこれでほぼ全て集まったはずですが、
「東方三月精 Eastern and Little Nature Deity」だけは見つけられませんでした。
しかし妙にプレミア化しているようなので、仮に見つけていたとしても手が出せたかというと…。
旧作と西方2作品と一緒な感じで、チャンスがあれば買う感じでいこうかと思います。

実際問題、今回のこれでだいぶ出費しちょりますからね。
ただ以前に話した自分が集めているジャンルのものは一気にお金が必要なわけではなく、
長期間かけて少しずつ集めていくものなので、
今お金を使ったからといって影響は特にないっちゃないんですが。

今後はリアルタイムで付いていくためにも、公式書籍は発売日に即買う方向で。
これは原作のゲームも同様ですけど。
でも今回買った書籍群はしばらく封印です。作業終わってからじっくりね。楽しみにしていよう。

作業は3つ予定していて1つ目が終了したところ。
しかしこの1つ目が一番時間と労力がかかる作業だったので、残り2つは時間さえ確保できればそこまでは…。
早く東方に集中する環境を整えたい。

東方蒐集ツアーはこれが第2回でしたが、第3回…にして最終回も予定しています。
ちなみに第1回は去年の原作。輝針城~天空璋まで一気に購入した時ですね。
秘封ナイトメアダイアリーだけはその後に単品で購入。
原作ゲーム、公式書籍ときて第3回では音楽CDを。上海アリス幻樂団が出した音楽CDを一気にいこうかと。

これで東方はほぼ集まるんじゃないかな。格闘ゲーム方面は…興味がないので今回はスルーします。
今回といいつつ、10年前からこのスタンスは変わっていませんね…。
当時も萃夢想や緋想天が出ていましたが、全く興味がなかったので購入せずでしたし。
やらず嫌いなので実際やってみたらハマるかもしれないですが、どうにもこうにも。
Tags : 東方全般
[ 2019/01/30 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

白歴史

ここ最近、東方熱が異常に高まっております。
もっとも、高まっているだけでプレイはできていないんですが…。

少し前に書いた別件から偶然に東方の歴史を調べた話。
あれでなんか無性に東方という作品に対する興味が湧いてきました。
いや、元々原作はだいぶやり込んでいた方の人間だとは思うので、矛盾しているような感じなんですが。
界隈としての東方にも意識が向き始めたって感じなんですかね?よく分かりませんけども。

原作のプレイ作品は神霊廟で止まっているので、以降の作品も早くやりたいところ。
最新作の秘封ナイトメアダイアリーまでちゃんと揃えるだけは揃えましたので。
あと1日しかプレイしていないダブルスポイラーや、これも数日間しかやっていないと思われる妖精大戦争なんかも。

自分の中で、今回の東方熱は久しぶりに本物だなという実感がある。
2010年以降は一過性の熱が定期的にやってくるというのがずっと続いて来てましたが、今回の昂り様は全然違う。
2007~2009年のピークだった時代に近いレベルだと思います。
当時とは自分を取り巻く環境が異なるので、あの頃と並ぶのは無理なんですが、限りなく近くには。

今振り返ってみても、あの頃の自分は本当に東方という作品を楽しんでいたと思う。
やればやるだけ成長も実感でき、充実した日々だった。
白歴史というのはまさにあの時代の自分を指すんでしょうね。
Tags : 東方全般
[ 2018/11/22 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

東方という作品

とある調べ物をしていたんですが、そうしたらたまたま昔の東方の情報を発見。
2002年の紅魔郷が出る前後ぐらいの、ですかね。
読んでみたらだいぶ興味深い内容で、気になった内容を検索してまた情報集めるみたいな感じ。
本来の調べ物は東方とは無関係なことだったんですが、気が付けば東方にすり替わっていた。

自分は地味に東方歴が古いというか、初プレイは2003年だったりします。
記憶では確か妖々夢が出た後すぐぐらいで、友人から薦められて紅魔郷を買って遊んでいました。
でも、正直この時はあまりハマらなかったんですよね…。
なので結局妖々夢には手を出さず、自分と東方の関わりはここで一旦終わりを迎えます。

時は経ち、2007年だったかな。この時になると東方はもう大ブームといってもいい状態になっていた。
自分もまたやってみるかなぁと思って、東方好きな友人(上記とは別人)から妖々夢を借りてプレイ。
決定的にハマることになったのはここなんです。
この時の妖々夢が死ぬ程面白くて、東方というゲームに完全に引き込まれていくことになる。

そんなわけで、東方に触れたの自体はだいぶ古いんですが、当時のことを知っているかといえばNO。
あくまでも紅魔郷を少し遊んでいただけで、取り巻く環境などは全く知らない。
なので当時の情報を調べるのは面白かったですね。

正直言うと、自分は基本的に原作にしか興味がありませんでした。原作とはSTGとしての東方です。
なので2008~2010あたりのガッツリ東方にハマっていた時期でも、原作以外の話はほぼしていないはずです。
話をしていないだけではなく、この当時の東方界隈のこともほとんど知りません。
原作しかやっていないのだから当然ですね。
なので、いつの時代も東方という作品を取り巻く環境には無知なのです。

それが今回…昔の東方のことがなんとなく分かって、面白かったです。
また、調べていく過程でいわゆる旧作と、西方Projectの秋霜玉、稀翁玉という作品にとても興味がわいた。
旧作は単純に東方ということで、西方2作の方は幡紫竜に物凄くハマったというのが理由です。

でも当然ながら、どれも相当なプレミアが付いているようで…。
旧作で100万近く、西方の方はよくわからないけど数万~10万ぐらい?
単純に金額だけで言えば手は出せるんですが…。

自分はとあるジャンルのものを集めていまして、
ちょっと前にどうしても欲しい物の合計額を計算してみたら、およそ800万になりました。
こっちは計算していないんですが、どうしてもじゃないけどできれば欲しい物というのもあって、おそらく200万は固い。
よって合計1000万ぐらいは必要。もっとも、どうしても欲しい物の方は1つ1つを高く見積もったので、
実際にはもっと少なくなるのはほぼ間違いないですが。

これを集めきるというのは、自分の中でありとあらゆることの最優先事項となっています。
頑張れるモチベーションになっているといってもいい。
そんなわけで、できるだけ他のことで消費をしたくないという事情があります。
運良く安く入手できる機会が訪れることを祈るしかないですね…。
Tags : 東方全般
[ 2018/10/04 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)