ゲームに歴史あり

残しておいたファミ通を簡単に読んでたりしました。
それで思ったのは、やっぱり自分はレトロゲーマーだなと。
前回も書きましたが、SFC以前とPS・SS以降では思い入れに圧倒的な差がある。


そんな自分とゲームの歴史をものっそい簡潔に。

・FC時代
物心がついた時にはすでに家にFCがあり、幼少時代から遊んでいた。
リアルタイムではあるけど、世代的にはファミコン後期になりますかね。

DQも姉がやっているのを横で見てるということが多かった。
ちなみに初めて自分でクリアしたのは3でした。1と2よりも先だった。
当時はネットもなく、攻略本もバラモスまでしか載っていなかったので、
ゾーマの城で苦戦した。玉座の後ろの隠し階段知らなくてねぇ。
先に1やってる人だったらすぐ分かったんだろうけど、生憎3が最初だったもので。
一応リムルダールで情報聞けるけど、分かりにくい位置にいるんですよね。

・GB時代
GBは出てから1年経たないぐらいに購入。同時購入ソフトは魔界塔士Sa・Gaでした。
ソフトも安くてお小遣いで買いやすかったため、FCよりもGBの方が思い入れも強いかもしれない。

GB初期の3大RPGと言われた、サガ、ONI、アレサ。
全部やってきたけど、この中だと自分はアレサ派です。
出来ではサガシリーズに遠く及ばないけど、そこは愛でカバー。

でもアレサ3だけはさすがに自分でもどうかと思う。終始おつかいゲーでひどいもんです。
ラスボスも唐突だしなぁ…。ちなみにサガ1の神のように、あっさり即死させられます。
この即死攻撃自体が通常攻撃で発動するうえに、確率自体もそんなに低くないため、
むしろ普通にダメージで倒した人の方が少ないんじゃないか?ってぐらい。

・SFC時代
GB熱も冷め遣らない91年。SFCが我が家にやってきました。
同時購入ソフトはゼルダの伝説 神々のトライフォース。
実際に買う予定だったのはマリオワールドかFF4だったんですが、どっちも売り切れ。
なので仕方なく余っていたゼルダを購入と。要するに妥協したわけです。
ところが…いざやってみるとめちゃくちゃ面白い。
マリオもFF4もそれから1年しないうちに買ったけど、ゼルダの面白さには適わなかった。

自分がゲームにおいて何世代かと問われたら、もっとも当てはまるのはSFCだと思う。次いでGB。
FCからリアルタイムだけど、どっちかというと後期世代にあたるのでちょっと弱い。

・90年代後半
PS本体はファイティングBOXを購入。同時購入ソフトはリッジレーサーレボリューションです。
PSは結構買ったの遅かったはず。97年になったか、なってないかぐらいだったような。

SSはもっと遅かった。98年近く?の購入で、同時購入ソフトはサカつく2。
たぶん自分の人生でプレイ時間が多いゲームのベスト3に入ってます。
これ1本だけでもSSを買った価値があったというもの。

・2000年代前半
この辺になると、新作への興味が失われていく一方に。
FFと決別したのもこの時期かな。9が最後だし。あれは2000年発売ですやね。
直後にDQ7が出たので、よく覚えてる。

そんな感じで新作への興味がなくなっていたので、PS2も2003年とかになってようやく購入したような。
同時購入ソフトはパワプロ10だったかなぁ…。ちょっと記憶が薄いです。
PS2自体はミンサガだけで買った価値があった。SSでいうサカつく2と同じ。

・2000年代後半
レトロゲーマー色が濃くなる。
90年代後半以降も継続してFC~SFCを遊んでいたけど、その傾向がより強く。
次世代機への興味も皆無に。FF3がリメイクされるからという理由でDSを買ったのみ。

DSで購入するソフトもFF3、DQ4、DQ5、シレンDSのようなリメイクか、
ゲームセンターCX、ぼくらのテレビゲーム検定といったレトロ系がほとんど。



とまぁ超大雑把に書くとこんな感じか。
FC~SFCの時代は深く掘り下げて取り上げたい気もする。
[ 2010/01/14 ] ゲーム未分類 | TB(0) | CM(0)

ロマンシング

とりあえず、東方は風神録のHardクリアで一段落。
そのことを友人に話すと、「じゃあ次は萃夢想やってみる?」と言われる。
「東方萃夢想」とは、東方キャラを使った格闘ゲーム…らしい。
同人の同人、いわゆる三次創作作品のようで。とても面白いみたいです。

でも個人的に格ゲーは苦手なため、これは遠慮しておいた。
そんなにキャラに思い入れがあるわけでもないしねぇ。
あくまでもSTGとして楽しんでいたので、キャラだどうだは二の次。
DQとFFが好きだからって、同作品のキャラが出るいたストはやらないのに近い。


一応格ゲー自体はそこそこやってきているので、軽く矛盾しているかもしれない。
例えばFCのイーアルカンフーなんかは相当やっていた。
今だと5面すら無理だと思うけど、当時は50面ぐらいなら普通に。
これが初めてやった格ゲーってことになるのかね。
それともスパルタンXの方が先だったかな。でもあれは格ゲーってよりアクション?
とにかく物心ついた時にはすでにFCをやっていたので、定かではない。

SFCでもストIIターボや餓狼スペで毎日のように友達と対戦してたり。
ドラゴンボールの超武道伝もやってたなぁ。

PSでは鉄拳2とトバルNo.1あたりで連日対戦。
トバルはクソゲー扱いされがちだけど、自分にとっては名作。
特に2はクエストモードも本格的でやり込みがいがあるしね。オススメです。

PS2以降…というよりも、2000年以降は格ゲーを全くやらなくなった。
理由は分からない。単に飽きただけかも。


そういうわけで(どういうわけだ)、
その旨を友人に伝えると今度は「東方サッカー」なるものを勧められた。
こっちは東方キャラを使った、テクモ版キャプテン翼とのこと。
同じくこちらも三次創作作品。

2を攻略してるぐらいなので分かるかと思いますが、キャプ翼はかなり好きです。
そのキャプ翼システムなら面白そうだなぁ、ということで今度借りることに。
今月はいろいろとあるため、来月に入ってからになりそうだけど。

それまでは今まで通りに東方をやるか、
うみねこのep1を読み返してみたくなったのでまた読み返すか、
あるいは今とてつもなくロマサガ1がやりたいのでそれをやるか。


ロマサガ1は、PS2のミンサガではなく最初に出たSFC版の方。
ちなみにミンサガは2005年の4~7月にかけてやりまくってました。
当時サイトに来てて、
このblogの前身である「独り言」を見ていた人なら知ってると思いますが。

全主人公1回ずつに加え、
アルベルトでもう1回プレイしたりして合計9週やったんだったかな?
最後の方は1回で1500近いジュエルがもらえてた。
で、10週目はアルティマニアが出てからやるようなことを書いた記憶がある。

でもいざアルティマニアが発売されて買ったはいいけど、
目新しい情報が全くなかったのでやる気が起きずにそのまま放置。
2年半経った今も、まだやる気が起こらないと。

それに引き換え、SFC版なら2000年を最後にやっていないわけです。
この時はネットの情報を参考にして、いわゆる3地点制覇を達成したりなど。
それ以前はイスマス崩壊前にアルベルトたちをHP600ぐらいまで上げたり、
主人公8人全員でクリアしたり、アルベルト1人でクリアをしたりといろいろ。

ロマサガ1は、今でも自分の中で相当に思い入れの強いゲーム。
ソフトはもちろん、NTT出版から出た攻略本と大事典も大切にしてる。コミックも。

ギッシリとモンスターで埋め尽くされたダンジョン…。
無駄に戦闘回数を増やすとボスよりザコの方が強くなってしまうシステム…。
イフリートの火の鳥、フルフルの吹雪などで理不尽に全滅…。
こうして書くと凄いマゾゲー。実際その通りではありますが、これも大きな魅力。
[ 2008/01/23 ] ゲーム未分類 | TB(0) | CM(0)

PS3

ニュースを見て初めて昨日がPS3の発売日であることを知った。
現時点では全く興味なしだけど、今後買うことはある…のかなぁ。
DQ9が出たらまぁ買うでしょうが。あとはロマサガ2~3の移植とか。
FFは9を最後に見限ったんで、旧作(1~6)のリメイク以外はどうでもいいです。
Tags : PS3
[ 2006/11/12 ] ゲーム未分類 | TB(0) | CM(0)