ライオンハート

ライオンハート/ゆでたまご/全5巻


ガンガン迷走期に連載されていた作品の1つ。


主人公はライオンによって育てられたシシ・ライオンという少年。
ある日村にやってきたマー・ライオンという人物からライオンハートの座を継承し、21代目ライオンハートとなります。
ライオンハートの継承者は強さと優しさの両面を兼ね備えていなければならず、
敵に敗れたものは手枷によって能力を封印されてしまいます。
マー・ライオンは手枷をしており、これはある人物に敗北したことが原因です。

物語は2部構成となっており、1部では金虎という盗賊を倒すのが目的となります。
マー・ライオンを負かしたのはこの金虎であり、シシの通っていた村を滅ぼした憎き相手でもある。
シシはライオンハートの継承者として見事金虎を倒すも、金虎は野獣拳士という連中の1匹に過ぎなかったことが判明。
野獣拳士を倒すため、シシとマー・ライオンは新たな旅に出るのでした。

2部は野獣拳士を相手に戦っていくこととなりシシ側も仲間が大幅に増えます。
コウモリ拳法を操るキール、トランプで戦うジョー、シャピドという女拳士、そして色物キャラのアダム。
最終的には6人となり、最後はシシが見事に野獣拳士のボスであるレオを倒して終了。


当時のガンガンとしては上位に入る作品。特別名作というわけではないけど、安定した面白さがあった。
この辺はさすがゆでたまご先生というべきか。
1部はシリアス路線で進み、2部に入るとギャグ要素の強い作品へと転向。
マジメなキャラだと思われていたマー・ライオンは良い意味でキャラ崩壊していったと思う。

余談だけど、ゆでたまご先生が実は2人組だというのはこれで知った。
一番有名な作品であるキン肉マンは自分の世代より上なのもあって馴染みが無く、
子供の頃にジャンプで読んだこともなければアニメも観た記憶がない。
それもあって、ゆでたまご作品にまともに触れたのはこのライオンハートが初めてだったと。
[ 2012/05/29 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

ナイト・クライシス

ナイト・クライシス 闇狩人麗牙/山内繁利/全1巻


以前に一度取り上げたことがある作品ですが、エニックス漫画特集ということであらためて。
初期のガンガンに連載されていたようなんだけど、この作品覚えてなかったんだよなぁ…。


主人公は吸血鬼ハンターのレイカ。
自身も吸血鬼に噛まれ、不死の命と闇の力を手に入れたという過去があります。

1話目の吸血鬼は永遠の若さを手に入れるために女性をさらっていた教会のシスター。
2話目の吸血鬼は不老不死を研究していたマッドサイエンティストによって改造されてしまった少年。
3話目の吸血鬼はこの世への未練から蘇った中国人の姉妹。
4話目の吸血鬼はレイカの姉である美夜、それにヴォルクという男。

レイカの目的は自身を噛んだ闇の王と呼ばれる吸血鬼を倒して人間に戻ることであり、
全国各地を吸血鬼を倒しながら旅をしています。
わずか4話で打ち切りになったせいもあるのか、闇の王は名前のみで姿は全く出て来ないまま終わります。


個人的にはそれなりに楽しめた作品。4話で打ち切りって早すぎないかねぇ。もう少し見たい感じはある。
まぁさすがに今見ると絵柄の古さは否めないけども。
単行本描き下ろしとして、4コマや作中に登場した名前有りキャラ総出演の楽屋裏も掲載されています。
[ 2012/05/28 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

生体融結バイオガーダー

生体融結バイオガーダー/増田晴彦/全2巻


風の騎士団の後に連載された作品。
ただし掲載雑誌はガンガンでもガンガンファンタジーでもなく、季刊誌として発行されていたガンガンWING。
ガンガンWINGはフレッシュガンガンの名称が変更された後の雑誌です。


物語の舞台はナーガスのように現代で、女性が怪物に殺されて食べられてしまうところから開始。
主人公は諸生飛初(もろうひうい)という少年で、学者であるお爺さんの諸生真造博士と一緒に住んでいます。
博士の助手である永野忍という女性も同居しており、他には猫、馬、コウモリ、アルマジロと4匹の動物も飼っています。
この動物たちはバイオガーダーと呼ばれています。

ある日の夜に研究所が進化戦士と呼ばれる怪物に襲われ、飛初は胸を刺されてしまいます。
ここで猫のリンクが飛初の命を救うために飛初と融合をし、融結生命体パジェラへと変身。
戦いの途中で今度は馬のテンザンと融合をし、融結生命体エキューズとなって見事進化戦士を撃退。
しかし博士はさらわれてしまうのでした。

翌日に飛初は見知らぬ人間たちと会いますが、彼らの正体はバイオガーダーだというのを永野さんから聞かされます。
バイオガーダーは動物形態と人間形態を使い分けることができ、飛初と融合することでさらに絶大な能力を発揮できると。

猫のリンクは戸浦凛、コウモリのミラージュは小森雅として飛初の護衛のために一緒に学校へ通うことになりますが、
そこでまたも進化戦士による殺人事件が発生。
飛初は雅と合体してプテロイダルとなり、逃げた進化戦士を追います。そして最後はアルマジロのアルマダと融合して撃破。

その後は平和な日常を送りますが、ひょんなことから友人たちに正体がバレてしまう飛初。
しかもクラスメイトの女の子である片隅さんがアダニクスという進化戦士にさらわれてしまい、
バイオガーダー総出で友人たちの力もあり、かろうじて撃破。

ある日海に遊びに来た飛初は溺れてしまいますが、そこを永野さんが飛初と融合して救います。
そのまま海の底にある敵の本拠地へと乗り込み、そこで博士と遭遇。
博士はやることがあると言って飛初たちと一緒に帰ることを拒みます。

飛初には内緒で永野さんだけに帰れない事情を話す博士。
飛初の母親が実は進化戦士となって生きており、その記憶を取り戻させるためだと。
博士は進化戦士と和解の道を選ぼうとしており、飛初にもう戦う必要はないと言います。

脱出の際に敵の大ボスであるオリジナルFと出会う飛初。
オリジナルFは博士との和解交渉に乗り気なため、戦う意志はなく飛初を見逃します。
地上に戻った飛初は暴れている進化戦士を発見。
博士の意志を汲み取っているバイオガーダーたちに止められますが、
むざむざ人間が殺されていくのに納得できない飛初は戦いの道を選ぶのでした。
そして

「オレは戦う!!進化戦士が人間を襲い続ける限り!!」

というセリフで物語は終了します。


最後のセリフで分かるように、典型的な打ち切り作品です。
ナーガスや風の騎士団に比べたら落ちるけど、それでも個人的には結構好きだったり。
どうにも増田晴彦先生は不遇だよなぁ。いつか再評価されて陽の目を見てほしい。

ってなわけで、一応今回でナーガスから5作品続いた増田晴彦先生のターンは終了。
スサノオは自分がガンガン買わなくなってからの作品なので対象外。
だから読んだことはないんだけど、これも打ち切りだとか…。

あ、それと横向きにすれば新書サイズでも2冊ならいけるのが分かったので、
これからは全3巻以上の作品はデジカメ、それ以下はスキャナでいきます。
[ 2012/05/26 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

風の騎士団

風の騎士団/増田晴彦/全5巻


ナーガスの後に連載されていた作品です。


ナーガスが現代を舞台にした作品であったのに対し、こちらは完全な中世ファンタジー。
主人公はゼファという盗賊の少年で、ある日竜に乗った騎士を見かけたところから物語はスタートします。
ゼファが見かけたのはマズル=ハリアーという人物で、竜騎士の国であるウィンディア王国出身。
ウィンディアはニヴラス帝国によって滅ぼされ、マズルは世界を旅しながら自分と同じ生き残りの竜騎士を探しています。
竜騎士に憧れるゼファはなんやかんやあってマズルに弟子入りすることとなり、一緒に旅をすることに。

その後立ち寄った街でユーリアというキャラバンの娘と出会い、ゼファとユーリアは良い仲となります。
新たな仲間として女竜騎士のクリオも加わり、ゼファ、マズル、クリオの3人で旅を続行。ユーリアはキャラバンへ戻ります。
次に立ち寄ったハルス島で3人目の竜騎士であるダクを加えた後、南カルタグラ王国にてユーリアと再会。
ニヴラス帝国の刺客によってキャラバンが全滅してしまったため、ユーリアも同行することになります。

一行が旅を続けていると、「魔剣のレイフ」と呼ばれる男と遭遇します。
ミステルテインと呼ばれる剣を持っており、剣に相手の血を吸わせることでその特殊能力が使えるようになると。
レイフも竜に乗っているものの、ウィンディア出身ではなくその素性はタルチネア王国の王子。
マズルとのタイマンで敗けたことから仲間になり、これで竜騎士の数は4人に。

隠れアジトにと到着した一行は、ギート王国がニヴラス帝国の襲撃を受けていることを知り出撃。
そこにはギートが雇った竜騎士であるカムシンもいて、そのカムシンの乗っている竜はマズルの父親のもの。
カムシンの力もあって見事にニヴラス帝国の5大獣魔将軍の1人であるミンデルを倒し、
これからさらなる盛り上がりが期待されるところで終了。


この作品はガンガンで連載が始まったんだけど、最後の方はガンガンファンタジーに左遷されてしまった。
そしてその後まもなく打ち切りに…。
個人的にはナーガスに引けをとらないぐらいの名作だと思っていただけに、惜しい。


とりあえず新デジカメでやってみたけど、うーん画像が暗いな。
スキャナは新書サイズの単行本でも1冊しか収まらないので、
全2巻以上の作品はデジカメ、単巻のはスキャナって感じで使い分けようか。
だいぶサボってしまったのでペースも上げていこう。
[ 2012/05/25 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)