ロトの紋章

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章/藤原カムイ・川又千秋・小柳順治/全21巻





ガンガン創刊号から連載されていた作品。やっぱり最初はこれですな。
ストーリーはどこにでも転がっていると思うので簡潔に。



・内容
ストーリー設定はゲームのドラゴンクエストIIIの100年後の世界。
勇者ロトことアレルが3人のケンオウと共にゾーマを倒してから100年後です。
世界は異魔神によって再び支配されようとしており、
アレルの子孫であるアルスが3人のケンオウの子孫であるキラ、ヤオ、ポロンという3人の仲間と一緒に戦う…というお話。



・感想
DQ漫画だと同時期にジャンプの方でダイの大冒険が連載されていたため、ロト紋はやや不遇な扱いを受けている感じ。
絶頂期だったジャンプと、創刊したてで海のものとも山のものともつかないガンガンというだけでも差はあるよなぁ。

どちらが好きかと言われれば、自分はロト紋。
ロトシリーズ(1~3)でお馴染みなアレフガルドや、3からもアリアハンやジパングが出てきたり。
DQの世界観というのが強く感じられて良かった。モンスターは天空編からも出てきたりでかなりごっちゃになってますがねぇ。

ストーリー的にはやはりアリアハン編。今まで読んできた漫画の中でもあれほど燃えた展開はあまり記憶にない。
神展開続きでそれまで以上に次号のガンガン発売日が待ち遠しくてたまらなかった。

今は続編の「紋章を継ぐ者達へ」が連載してますが、これは正直あんまり…。
5巻までは買って集めたものの、そこでストップ中。
ハーメルンやパッパラ隊、パプワ、グルグルなんかもそうだけど、時間経ってから続編連載されてもなんだかなぁと思ってしまう。

本編以外の収録情報。
6巻の巻末に主要キャラ4人のステータス、8巻の巻末に「ある日の4人」と題して現代風の格好をした4人のイラスト、
11巻に「ここより永遠に…」という外伝(月刊少年ガンガン平成6年7月号掲載)と「ロトの紋章SPECIAL」、
16巻の巻末に2ページの見開きイラストがあります。

「ここより永遠に…」は100年前にゾーマを倒したアレルと3人のケンオウの出会いを描いたストーリー。
「ロトの紋章SPECIAL」は主要キャラ8人の現代風イラスト、ロト紋攻略マップ(これまでの物語で進んできた道程)、
ロト紋ボードゲーム(遊び方付き)、ギャグ王に掲載された藤原カムイ先生によるDQ5の4コマ4本、の合計18ページ。

それと、カバー下では1~21巻まで全巻で本編に出てくるモンスターの紹介をしています。
唯一例外なのが13巻でこの巻はロトの印の紹介。

さらに最終巻となる21巻では本誌掲載時には無かったラストエピソードが描き下ろしで追加されているので、
本誌でしか読んでいないという人は要チェック。
[ 2011/10/17 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1032-e0ab9031