HAPPY BOY

HAPPY BOY ゲンキくんとゆかいななかまたち/江川達也/全3巻


ガンガン迷走期に連載されていた作品の1つ。
作者は「まじかるタルるートくん」や「東京大学物語」でお馴染みな江川達也先生。


主人公はいなか村という場所に住んでいる、背中に出し入れ自由な羽を持つのが特徴の天真爛漫な少年ゲンキ。
ある日、村の外にて魔法少女であるミカと出会います。
ミカの故郷は悪いやつに襲われていて、それを倒すために勇敢な戦士を探す旅をしており、
なんやかんやでゲンキと一緒に旅をすることに。

旅の途中で格闘村という場所に立ち寄り、ゲンキとミカはそこで修行。
神山という場所があることを知るも、実力不足で敵にやられてあっさり退却。
さらなる修行に励み、格闘村にて行われた大会に出場して見事に優勝するゲンキ。
強くなったことでゲンキは再び神山に登ろうとするも、ミカは自分が足手まといになると思ってゲンキとお別れ。
これ以降ミカは最後まで全く出てきません。

神山にてサキという謎の少女と出会い、ゲンキは彼女を助けだそうとするも、敵に心を侵食されてしまいピンチに。
そして迎えた最終回。正直、全くもって意味不明な展開です。
それまでのメルヘンファンタジーな世界観から唐突に現代へと舞台が変わり、
最後には小学校の運動会のような実写を背景にした「ゲンキを出して」の一言で終了。
思えば「東京大学物語」の終わり方もアレだったなぁ…。


ぶっちゃけ、これは相当ひどい作品に入ると思う。
江川達也先生のファンで作品をコンプリートしたいという人以外、とてもじゃないけどおすすめできない。
それでもあえて良いところを挙げると、女の子キャラは全体的に可愛いので、それが目当てであれば。
いなか村のネコ先生、同級生のうさよし子、格闘村の大会で戦うタカハシヒトミなど、ミカ以外にも女の子は数名出てきます。
[ 2012/02/20 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1050-4ab4c16f