アゲンスト凪平

アゲンスト凪平/ほしのちあき・剣名舞/全2巻


ガンガン初期に連載されていたゴルフ漫画です。


主人公は平凡ながら幸せで温かい家庭にて人生を送ってきた、海原凪平という中学1年生の少年。
学校ではゴルフ部に入っており、ある日参加したジュニア選手権で西音寺翔というゴルファーに出会い、一緒にラウンド。
翔は前年のジュニア選手権の中学生の部を小学生ながらぶっちぎりで優勝した経緯の持ち主。
凪平は共に参加していた同級生を気遣ってわざとパットを外して予選落ちするも、翔にはそのパットの才能を見抜かれます。

その後帰宅し、家でテレビを見ていると両親と妹が事故死したというショッキングなニュースが飛び込んできます。
1人になってしまった凪平は、母方の遠い親戚にあたるという男の元へと引き取られることに。
代理としてやってきた西音寺綾という女性に連れられ、辺境の地に住む風祭令児の家へ。

転校はせず、凪平は毎日1時間半をかけて通学をしてゴルフを続けます。
元スポーツ記者であるゴルフ部の顧問により、令児はかつて脚光を浴びた天才ゴルフプレイヤーだったということが判明。
自分のOBショットでギャラリーの少年を失明させてしまったことからスランプになり、表舞台から消え去ったと。

ある日、凪平は令児が病気だということを知ります。
そして綾からは凪平の母親と令児がかつて恋人同士だったという事実、さらには自身が西音寺翔の姉ということも。

凪平のゴルフ部は学校別対抗団体トーナメントへ出場することになり、そこで翔の通う鷹の台学園と対戦。
マッチプレイ形式で行われ、凪平は翔と一緒にラウンド。
令児によって鍛えられていた凪平は互角の勝負を展開し、イーブンのまま最終18番Hへ。
結局負けてしまうものの、自然を味方に付けることを覚えて一回り成長を果たします。

凪平は帰宅後、令児が癌で余命一ヶ月、そして凪平がその令児の息子だということを綾から教えられます。
令児が亡くなった後、生前の言葉通りに高見沢というインストラクターを尋ねる凪平。
高見沢は令児が失明させてしまったあの少年で、そのハンデを克服して今はプロゴルファーを目指す身。
凪平は彼のもとでゴルフを学んでいくことになります。

そして1年後。
高見沢は綾と良い仲になり、凪平も翔の良きライバルとしてお互い競い合う存在に成長したところで終了です。


2巻には「バウンティ・ハンター ジャッカル 聖獣伝説」という読み切りも掲載されています。
ジャッカルという少年とエレーヌという少女の賞金稼ぎコンビによるSFファンタジー作品。
絵柄がかなり違うので描き下ろしではなく過去作品の収録と思われるものの、詳細は不明。
隅から隅まで読んでも掲載情報が全く載ってないから分からんです。
[ 2012/02/26 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1051-96019fc5