超新世モンスターロード

超新世モンスターロード/増田晴彦/全1巻


ナーガスに引き続き増田晴彦先生作品。
整理した際に作者別でまとめたので、複数作品の単行本を出している先生の時は続きます。

これは元々JICC出版局(現宝島社)の「週刊少年宝島」にて連載されていた作品で、後に角川書店から単行本が発売。
それを再販という形でエニックスから出したものがこれです。
なのでガンガンコミックスとはいえど、正確にはエニックス作品ではなし。
ただ対象はあくまでも「エニックスから出版されたコミックス」なので、
ガンガン・ギャグ王・ガンガンファンタジー以外のもこういった感じで扱っていきます。


物語の冒頭でグランサスとエーギルという2匹のモンスターが決闘をし、エーギルが勝利してグランサスは死亡。
このグランサスの息子であるガルサスがこの物語の主人公で、父親が死んで無法地帯となった国で死にそうになるも、
グランサスの右腕であったハイドリアに助けられます。
その後、グランサスの親友だったバベスペイアも加わり、3人でエーギルの元へ向かうべく旅をすることに。

グランサスとエーギルは力が拮抗しており、それ故にお互い戦うことは避けていたものの、なぜか突然決闘。
「ジャフー」と呼ばれる、かつて世界を滅亡させて自らをも滅ぼしたとされる生物が伝説として残っており、
エーギルはそのジャフーの力を手に入れたことによって、圧倒的な強さになったというわけです。

エーギルはジャフーが眠るとされている遺跡を調べていることが分かり、そこにて対決。
戦いの末に遺跡が崩壊し、勝負は引き分けのような形で終わります。
崩壊した遺跡から脱出する際、ガルサスたちはエリスというジャフーの生き残りと遭遇。
モンスターしかいない世界において、人間の姿をしているエリスはガルサスたちから見れば未知なる存在なワケです。
エリスは10年前にあった地震の時にグランサスに助けられた過去があるため、ガルサスたちの仲間に。

無事に脱出したガルサス一行、そして生きているエーギル。
朝日をバックに「かくして戦いは始まった」という、「俺達の戦いはこれからだ」的な感じで終了。
あとがきによると、連載されていた「週刊少年宝島」が11号で休載したことによる打ち切りということです。
全部で260P以上あるので、このサイズの単行本としては結構分厚い。


感想としては、ナーガスは大好きだけど、これは個人的にはかなり微妙。
ナーガスより5年前の作品で、一般漫画としてはこれがデビュー作とのことなので仕方ないかも…。
正式なデビュー作はエロ漫画で、この作品まではエロ漫画家として活動していたそうです。

好きなキャラはハイドリア。ヘビとドラゴンを混ぜたようなフォルムがカッコええ。
ちなみにエリスは女の子キャラだけど、上半身裸なのでおっぱいも当然丸出しです。うーむ。

そういえば前回のナーガスの時からデジカメの調子が悪い。撮った写真に横縞が入るようになった。
まだよく見ないと気付かないレベルではあるけど、もうだいぶ長く使ってるからなぁ。4~5年ぐらい?
出費はなるべく控えたいので、1万ぐらいの安いのでも買うべか。それでも今のやつよりは2倍以上の性能だし。
[ 2012/03/19 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1055-8cc94b79