ライオンハート

ライオンハート/ゆでたまご/全5巻


ガンガン迷走期に連載されていた作品の1つ。


主人公はライオンによって育てられたシシ・ライオンという少年。
ある日村にやってきたマー・ライオンという人物からライオンハートの座を継承し、21代目ライオンハートとなります。
ライオンハートの継承者は強さと優しさの両面を兼ね備えていなければならず、
敵に敗れたものは手枷によって能力を封印されてしまいます。
マー・ライオンは手枷をしており、これはある人物に敗北したことが原因です。

物語は2部構成となっており、1部では金虎という盗賊を倒すのが目的となります。
マー・ライオンを負かしたのはこの金虎であり、シシの通っていた村を滅ぼした憎き相手でもある。
シシはライオンハートの継承者として見事金虎を倒すも、金虎は野獣拳士という連中の1匹に過ぎなかったことが判明。
野獣拳士を倒すため、シシとマー・ライオンは新たな旅に出るのでした。

2部は野獣拳士を相手に戦っていくこととなりシシ側も仲間が大幅に増えます。
コウモリ拳法を操るキール、トランプで戦うジョー、シャピドという女拳士、そして色物キャラのアダム。
最終的には6人となり、最後はシシが見事に野獣拳士のボスであるレオを倒して終了。


当時のガンガンとしては上位に入る作品。特別名作というわけではないけど、安定した面白さがあった。
この辺はさすがゆでたまご先生というべきか。
1部はシリアス路線で進み、2部に入るとギャグ要素の強い作品へと転向。
マジメなキャラだと思われていたマー・ライオンは良い意味でキャラ崩壊していったと思う。

余談だけど、ゆでたまご先生が実は2人組だというのはこれで知った。
一番有名な作品であるキン肉マンは自分の世代より上なのもあって馴染みが無く、
子供の頃にジャンプで読んだこともなければアニメも観た記憶がない。
それもあって、ゆでたまご作品にまともに触れたのはこのライオンハートが初めてだったと。
[ 2012/05/29 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1069-9f5ebe3a