聖クラリス探偵団

ぼくらの推理ノート 聖クラリス探偵団/夏緑・祥寺はるか/全2巻


ぼくらの推理ノートシリーズ第3弾で最終作。もちろん連載雑誌はギャグ王。
夏緑・祥寺はるかコンビは続少年探偵彼方から継続。



登場人物は一新されているものの、世界観は少年探偵彼方シリーズから受け継いでいます。
主人公は遠野大気という中学生の少年で、あの遠野彼方の従弟。
聖クラリス学園という名門校に通っており、そこの探偵部の部長をやっています。
彼方に憧れていますが、推理力はまだまだ未熟。

探偵部の他メンバーは天城飛鳥、矢野康介、如月弥生、姫小路花梨の4人。そして顧問の先生に綾重美紗。
この6人のメインメンバーに依頼者やサブキャラがいろいろと絡んできます。
メインヒロイン扱いのキャラは天城飛鳥。

ぼくらの推理ノートシリーズお馴染みの推理クイズは今作でも健在。
しかし少年探偵彼方シリーズとは違う試みがなされていて、出題編のラスト数ページはヒントページに。
高い難易度で推理を楽しみたい人は、このヒントページを見ないで推理することができるようになっています。
なお解答編は少年探偵彼方シリーズのように巻末にまとめて掲載されるという形ではなく、出題編の直後です。



連載中にギャグ王が休刊してしまったため、明確な最終回が描かれないまま終わっています。
単行本2巻に掲載されている第7話が完全描き下ろしですが、これも普通の回。
原作者である夏緑先生のサイトによると、この描き下ろしはちゃんとした最終回にする構想もあったようで。
逆に新山たかし先生が連載していた半熟忍法帳なんかは最終巻の描き下ろしできっちり完結させたんだよなぁ。

ギャグ王休刊と共に終わってしまった中ではわりと惜しい感じがする作品。
天城飛鳥は非常に良いキャラだし、他のエニックス誌に移籍して続けても良かったような。
マジックスター学院やアストロベリーみたいに。読者参加型推理クイズ作品だったから難しいかな。
[ 2012/07/15 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1082-e1771fbd