カラーメイル

カラーメイル/藤原カムイ/全1巻


ガンガンで連載されていた挑戦作。



・内容
主人公はアイという少女。モエギという弟もいます。

ある日、突然空に黒い太陽が出現。
この黒い太陽に世界中の色は全て吸い取られてしまい、白と黒だけで構成されたモノクロの世界と化します。
これだけではなく、アイ以外の全ての人間は石化し、モエギも謎の連中にさらわれてしまいます。

絶望するアイですが、色の神官アッシュグレイからメールが届きます。
それは色を司る精霊を封印した色泥棒のブラックレイブンを倒せというもの。
色の無くなった世界では全ての動物が擬人化しているため、
自身の飼い猫アーオと友達の飼い犬ヒイロの2人(匹)を引き連れ、アイは色を取り戻す旅に出るのでした。

赤(カーマイン)→橙(バーミリオン)→黄(プリムローズ)→緑(ビリジアン)→青(マリーン)と精霊を救出し、
アイは世界に少しずつ色を取り戻していきます。

次に向かったのは紫の精霊であるヴィオラですが、極度の人間不信で取り合ってくれません。
困ったアイは心の中でアッシュグレイに祈ります。すると自身に変化が起き、変身。
実はアイの正体は藍の精霊インディーであり、ヴィオラとは姉妹の関係。
これによってようやくヴィオラに認めてもらえ、7色全ての色が揃うことになります。

全ての色を奪うためにブラックレイブンが現れますが、7精霊の力を合わせて撃退。
モエギも無事に救出し、平和な世界が戻ってきます。
アッシュグレイの計らいにより、黒い太陽が出現してからの記憶は全て無くなったため、
アイとモエギは以前と変わらない普通の人間として幸せな日常を過ごしていくのでした。



・感想
エニックス特集を始める前にカラーメイルはやらないって書いたけど、
よく考えてみればイーバやドブゲロサマも取り上げてるのに、これだけやらないのもおかしな話だなと。
ちゃんとガンガン本誌で連載もされてたしね。なのでやりました。

これ単行本は全部で200ページ以上あるにも関わらず、フルカラー印刷です。
赤の色を取り戻した後は白黒赤の3色、橙の後は4色、黄で5色といったように、
色を取り戻していく度に刷られる色も増えていって、最後はフルカラー。
さらに単行本を閉じて小口を見ると虹色になっていたりもして、すごいこだわっている作り。

まぁこれだけ凝った仕様にしていれば当然コストもかかるわけで、定価は1800円とお高いものに。
サイズも大きめで、ガンガンファンタジーコミックスと同じA5判。
ちなみに扱いは「ガンガンコミックススペシャル」です。カラーメイル以外にあったかな?

内容は正直言って、あまり面白いと思わない。色を使ったアイデアは良いと思うんだけど…。
雰囲気で魅せるタイプの作品かな。ジブリ映画好きの人とかには向いているかも。
[ 2012/07/21 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1088-ac11c1e0