GOGO!ぷりん帝国

GOGO!ぷりん帝国/くぼたまこと/全6巻


ガンガンで連載していたギャグ漫画。



・内容
物語の舞台は地球よりはるか3億光年の彼方にある惑星ババロア。
ババロアには地球侵略を企む悪の帝国、ぷりんが存在します。
ババロアは寿命があと1年に迫っているため、新たなる惑星を手に入れなければいけません。
そこで目を付けたのが地球であったと。

ぷりん帝国は怪人を地球に送り込んで人類を抹殺しようとしており、強力な怪人をチョイスするのですが、
毎度毎度様々な事情によって結局断念することになります。

この作品の特徴は、怪人たちが非常に人間臭いということ。
どの怪人も極めて一般的な日本人の生活をしており、その日常がネタになっています。
ぷりん帝国最強と言われる怪人は子供のことで悩んでいたり、
かつて伝説の軍師と言われた怪人は現在隠居をしていて息子の嫁にいびられていたり、
伝説の魔剣はお手伝いさんを雇って悠々自適に暮らしていたり。

主人公はぷりん帝国の王である帝王。ですが威厳は全くなく、性格は子供そのもの。
そのため、ジャバという側近が事実上のトップとしてぷりん帝国をまとめています。
帝王は口うるさいジャバを最初は苦手としていますが、帝王のためを思ってのことだというのが分かると、
ジャバに感謝をして大好きになります。

ギャグ漫画ではありますが、最終回だけはシリアス展開となります。
全宇宙でぷりん帝国と戦力を二分する存在であるアルゲン帝国が襲ってきたため、開戦。
相手の罠にハマって帝王がピンチになるも、しっかりと怪人たちが帝王を守ります。
帝王は歴代の帝王のようなリーダーシップは皆無ですが、その代わりに国民から非常に愛されていて、
みんながみんな帝王を守ろうと必死に戦ってくれるのでした。

エピローグ。
無事アルゲン帝国に勝利したぷりん帝国。
宇宙最強となったことであらためて地球への侵略を試みますが、
送り込もうとした怪人にいつものようにトラブルが発生して断念することになるのでした。



・感想
逆転の発想で、地球侵略を狙う悪いやつらの側を描いたこの作品。
彼らも普段は非常に人間味溢れる生活をしているんだなぁと。
見た目のいかつさや強力な能力からのこのギャップは最高に面白い。読んで絶対に損はしないと思う。
自分の大好きな作品の1つ。

登場する怪人もかなり多いんだけど、どの怪人も個性があって素晴らしい。
主人公は一応帝王だけど、そこまで出番は多くない。一切出て来ない回もそれなりにある。
帝王自体は怪人たちのボスでありながら、子供っぽくてかわいい。萌えキャラですなぁ。

ちなみに、2作見つけたと書いたガンガンコミックススペシャルのその2作目がこれ。
A5サイズでページ数120ぐらいと少なめ。でも1話5ページなので、ページ数以上のボリュームは感じる。

昨年後半からやり始めたこの特集で付け始めた「エニックス漫画」のタグがこれで50個目。
ガンガン作品はだいぶ消化したけど、まだ他のは少ないので折り返しに入っていないと思う。
なので最終的に100は確実に超えるかと。
特にガンガンファンタジーなんて、まともに取り上げたのはまだエルナサーガの1作だけだし…。

ちなみに「漫画」タグの方はすでに100を大きくオーバー。
こっちは以前やってた本整理の分も入っとるからなぁ。
[ 2012/08/23 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1102-ed194093