殺し屋ジョージ

殺し屋ジョージ/梶原あや/全2巻


ギャグ王で連載していたギャグ漫画。



・内容
殺し屋であるジョージが組織から追放され、逆に命を狙われる立場になるというお話。
組織は次々と刺客を送り込んできますが、どいつもこいつも役立たずで失敗続き。

一番出番の多い刺客は忍者うさぎ。でも泣き虫ですぐ泣きます。
やがてジョージとは親友に。
出番自体もジョージより多いです。タイトルは殺し屋ジョージなのに…。

この作品は本編とそれ以外のお話に分かれています。
タイトル部分が黒枠で、タイトルの文字も写植になっているのが本編。
タイトル部分が白枠で、タイトルの文字が手書きなのがそれ以外のお話。
この2つのお話に接点は全くなく、共通して出てくるキャラもいません。

それ以外のお話は胴が異常に長いハリガネパンダ、それに犬と猫の3匹がメインキャラ。
これにみのむし、フクロウ、天女などが絡んできます。



・感想
殺し屋という物騒なタイトルで、実際に内容も銃で人間を撃ちまくっていたりする。
でも全てギャグ描写なのでバイオレンスさは全くなく、楽しく読める。

忍者うさぎを筆頭に動物キャラがいっぱい登場。
どれもこれもデザインはシンプルなんだけどかわいい。

単行本のみの収録だと、1巻に楽屋裏が4ページ。
2巻は梶原あや先生が友人とインドネシア旅行に行った時の実録漫画が掲載。
[ 2012/08/31 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1112-b1d6d7e3