YAT安心!宇宙旅行

YAT安心!宇宙旅行/川本祐太郎/全1巻


ギャグ王で連載されていた、同名アニメ作品のコミカライズ作品。



・内容
主人公は星渡ゴローという少年。
宇宙へ誰でも行くことができる時代が舞台であり、ゴローも宇宙へ行こうとします。
ただし目的は観光ではなく、行方不明の父親を探すため。
父親はゴールド星で消息を絶ったため、ゴールド星行きのツアーへ参加することに。

ゴローが選んだのはYATという旅行会社のツアー。しかしこれがとんでもなくボロい会社。
不安ながらもなんとかゴールド星へは到着しますが、父親は発見できず。
それどころか帰りの宇宙船が墜落したのをゴローのせいにされ、
借金を返すかわりにYATで働かされることになったのでした。

YATで働くのは社長であるヤマモト、それに社員であるウッチー、カナビー。カナビーはロボットです。
そして紅一点である天上院桂。彼女はヤマモトの娘で、ゴローは桂に一目惚れ。

様々なツアーを企画してはいろんなトラブルが起きるYAT。
七夕ツアーを企画し、そこで何でも願いが叶う笹を発見します。
ゴローの願い事は「オヤジが見つかりますように」というもの。
そして父親の写真を桂に見せますが、それを後ろでこっそり覗いていたヤマモトに異変が…。

ヤマモトはかつて宇宙海賊(義賊)をやっており、
15年前に爆破テロが噂されていた船の乗客を助ける作業をしていました。
そこにゴローの父親も乗船しており、残すはヤマモトと父親だけというところで爆破が開始。
2人とも死にそうになりますが、ゴローの父親は自分を犠牲にしてヤマモトを逃したのでした。

真実を伝えるわけにはいかず、遠回しに父親が死んでいるかもしれないとゴローに話すヤマモト。
それでもゴローは父親の生存を信じるのでした。

いつになく順調にツアーを終え、次元トンネルを通って戻ろうとしていたところでトラブル発生。
次元の狭間を漂っていた浮遊物(ロッカー)と激突してしまいます。
そのロッカーを回収して開けてみると、なんと中にはゴローの父親が。

15年前のあの日、絶体絶命になった父親はとりあえずそこにあったロッカーに入ってみることに。
するとそれは生命維持装置付きの脱出ポッドで、気が付くと次元の狭間を漂うことになったのでした。
そして15年経ってようやく発見されたと。

感動の再開を果たしたゴローと父親。
父親を探すという目的をゴローは果たしましたが、
すっかりYATの一員となったため、今後もYATで働き続ける道を選ぶのでした。



・感想
「YAT安心!宇宙旅行」という作品は知っている。
アニメでやっていたことも知っている。当時何回か観たこともあったんじゃないかと思う。
でも内容は全く覚えていないので、アニメ版との比較ができない。

比較せず単純に1つの作品として評価すると、そこそこ。悪い作品ではないと思う。
ただアニメ版のファンが読んだ場合は分からない。
内容や雰囲気、キャラの性格とか改変されまくってるかもしれないので。
[ 2012/09/04 ] エニックス漫画 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1116-0d91ee60


wordpress twitter widget

刹那の幻 YAT安心!宇宙旅行
[2014/05/27 06:40] URL wordpress twitter widget