トルネコの大冒険2

トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン/村上ゆみ子/全2巻


トルネコの大冒険2のコミカライズ。
連載はされておらず、全編完全描き下ろし。



・内容
今作は前作?のトルネコ一家の冒険記とは違い、純粋なコミカライズ作品。
原作ゲームと同じ順番でダンジョンを攻略していくことになります。
ちょっと不思議な草原から始まり、最後はトロ移籍。

いろんな所がダンジョン化するという謎の現象。
その原因が不思議のダンジョンの27階にいる邪悪の箱であることが分かります。
その邪悪の箱を封印することができる封印の箱を手に入れたトルネコが、
再び不思議のダンジョンに挑む…というところで終了。



・感想
めっちゃくちゃ端折って簡潔にまとめてみたり。
実際は全てのダンジョンでオリジナル要素が入っているので、自分の目で見た方がいいと思う。
例えば火吹き山はネネも一緒に冒険をするし、迷いの森ではバーサーカーの子供を助けたりする。
わりとうまくオリジナル要素を取り入れてるんじゃないかな。

トルネコ一家の冒険記との繋がりは全くなし。
共通して出てくるのはトルネコ一家のみで、他のキャラは姿も名前も全く出てこない。
まぁ続編のようでいて続編ではない作品だし、当然ではあるか。
それにトルネコ一家の冒険記で脚本をやっていた小松崎康弘先生もこっちには関わってないしね。
1巻の巻末に載っている「村上のトルネコ奮闘記」という後書きでは一応触れられているけども。

ちなみに1巻の最初に「不思議のダンジョンゲーム」というオマケのすごろく有り。
でも閉じ込み付録なので、実際に遊ぼうと思ったら切り離さないといけない。
[ 2012/09/12 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1125-b50b6323