アクロバットバカ野郎

アクロバットバカ野郎/タイジャンホクト/全1巻


ギャグ王創刊号から連載されていた作品。



・内容
オムニバス形式の4コマギャグ漫画です。
主人公は存在せず、いろんなバカな人たちを題材としてネタが作られています。



・感想
内容がおそらく過去最短なので、軽く補足を。
一応複数回登場するおバカさんたちもいる。
その中では殺し屋のハリケーンジョーが一番出番多いかな。
凄腕のヒットマンだけど、依頼が全然来なくて現在では内職やバイトをしながら暮らすという落ちぶれっぷり。

ジャンルとしてはバット君と同じ、直球タイプの4コマギャグ作品。ネタのレベルはなかなか高い。
さすがはDQ4コマ出身というべきか。

あと地味に単行本だと未完。最後の数話が未収録だったり。
そのかわりというか、ギャグ王が創刊されるより前にガンガンの方で掲載されたオリジナル4コマと、
ギャグ王平成6年9月号に掲載された「メルヘン野郎 水木ひげる」という読み切りが収録されている。

DQ4コマの楽屋裏で性別のことをネタにしていたことがあったと思うけど、タイジャンホクト先生は女性。
この単行本のカバー折り返し部分に本人の写真が載っているので、興味がある人は買って見てみるといいかも。
印象としてはロングヘアーの普通の女性。
よくある顔を見てガッカリっていうタイプではない。どちらかと言うと美人寄りに入ると思う。

そういえば松葉博先生の時に続いて、また別々に収納されてたなぁ。
タイジャンホクト先生の作品だと、以前に「星のカービィ ウキウキ大冒険」を取り上げているのでねぇ。
[ 2012/11/04 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1170-2c10b848