御意見無用っ!!

御意見無用っ!!/よしむらなつき/全8巻



ギャグ王とガンガンWINGで連載されていた作品。



・内容
人々が度々現れる妖怪に悩まされていた干支時代。
鹿子前町では妖怪退治を専門とする捕り方を置くことに。
その初代妖怪妖魔改め方として選ばれたのが、草薙宿禰(くさなぎすくね)という18歳の男性なのでした。

宿禰は女好きで、かわいい女の子がいたら必ずナンパをします。それが妖怪であっても。
本命は神社の巫女である榊原紫苑(さかきばらしおん)という同じ18歳の女性ですが、
紫苑に迫ってはあしらわれるの繰り返し。団子も大好物で、あずき屋という店で食い逃げを繰り返しています。

紫苑の兄である柘榴(ざくろ)が神社の神主ですが、抜けた性格でロボットの開発をするのが趣味。
次々と変なロボットを作っては騒ぎを起こす日々。
その中の一体、助六というロボットが宿禰の弟子として一緒に住んでいます。

話の流れとしては、宿禰、紫苑、助六が妖怪たちや柘榴の作ったロボットと毎回ドタバタ騒ぎを繰り広げていくというもの。
ギャグ漫画であり、シリアスな要素はほぼありません。

最終回では、鹿子前町の妖怪たちが集まって巨大な繭となります。
孵化したら大惨事になってしまうため、
それを鎮めるべく代々生贄として捧げられてきた榊原家の乙女である紫苑が生贄になることに。
なんとか止めようとする宿禰は、乙女で無くなればいいという結論に至り、紫苑に求婚をするのでした。

紫苑と結婚できることになって浮かれていた宿禰ですが、だんだんと現実が見えてきます。
結婚したら紫苑一筋でいなくてはならず、浮気ができない。女好きの宿禰にとっては何よりも重要なことです。
そこで「時間をください」という書き置きを残して出て行ってしまう宿禰なのでした。

宿禰が戻ってこないまま、繭が孵化する日を迎えます。
結局宿禰と結婚はしなかったため、生贄として捧げられようとしていた紫苑。
覚悟を決めた紫苑ですが、柘榴が作った紫苑をモデルにした紫苑ロボが自ら身代わりになることを引き受けます。
そして孵化した妖怪に食べられてしまいますが、ロボットなのでさすがに不味かったのか、妖怪は倒れてしまうのでした。

一件落着…となったところに、正装をした宿禰がやってきます。
宿禰は覚悟を決めて紫苑に改めて求婚をしますが、すでに全てが終わっているため、
いつものように紫苑にあしらわれてしまいます。
そしてその後も鹿子前町ではいつものように宿禰を中心としたドタバタ騒ぎが続いていくのでした。



・感想
2回読み切りとしてギャグ王に掲載され、その後連載化されることになった作品。
ギャグ王休刊まで連載され、その後は掲載誌をガンガンWINGに移して続行。人気があったのか打ち切りは回避。
まぁギャグ王最終号となった回では、一応一区切りとして最終回っぽい内容にはなっていたりする。
単行本のレーベルは、1~5巻がギャグ王コミックスで6~8巻がガンガンWINGコミックス。

宿禰が女好きという設定なので、出てくるキャラの大半は女の子。妖怪もほぼ女。
紫苑は暴力系ヒロイン。自分に迫ってきたり、他の女に言い寄っているのを見てはぶっ飛ばすと。
でも本当は宿禰のことが大好き。
大雑把に分類すればツンデレになるかもしれないけれど、デレがほとんどないので厳密には違うと思う。

本編以外の収録情報。
1巻…「またまた御意見無用っ!!」(月刊少年ギャグ王平成7年10月号掲載の2回目の読み切り版)
2巻…「外伝 愛と青春の旅立ち」(増刊ガンガンWING 平成8年秋季臨時増刊号掲載)
4巻…「外伝 宿禰親分の世界紀行 砂漠編」(増刊ガンガンWING 平成9年夏季臨時増刊号掲載)
7巻…「人類大絶滅っ!!」(少年ガンガン平成9年No.3掲載の「御意見無用っ!!」とは無関係な読み切り)
8巻…「御意見無用っ!!」(月刊少年ギャグ王平成7年7月号掲載の最初の読み切り版)

上記以外だと、1~5巻と8巻に「よしむらさんとあそぼう」というあとがき漫画があります。
1~4巻の巻末には、本編に出てくる羽生(はにゅう)と猫又の迦麟(かりん)の2人をメインとした描き下ろし漫画も。
さらにカバー下にもおまけ漫画が。これは全ての巻にあります。表と裏にそれぞれ1ネタずつ。

あと、5巻のカバー折込にある作者コメント欄に作者の顔写真…というか多数のプリクラが掲載されている。
興味がある人は買って見てみよう。
ちなみにこの作品の連載当初、作者のよしむらなつき先生はなんと現役の女子高生だった。
「うめぼしの謎」の三笠山出月先生も連載当時は現役高校生。
2人とも学業と月刊誌の連載を両立させるのは大変だったろうに、頑張っていたんだなぁ。
[ 2012/11/12 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1175-6f1219fe