レヴァリアース

レヴァリアース/夜麻みゆき/全3巻


ガンガンファンタジーで連載されていた作品。



・内容
男装をしたウリックという少女と、シオンというアドビス国の王子の2人組による冒険を描いたお話。

物語の舞台となるのはオッツ・キイムという世界。
かつては人間とモンスターが共存をしていましたが、ある日から突然モンスターが人間を襲うように。
その原因は邪神竜ディアボロスにあるとされており、ウリックとシオンの2人はディアボロスに会うために冒険をしています。

この2人の共通点はザードという男性。
ウリックの本当の名前はイリアと言い、ザードの妹。シオンはザードの知り合い。
ザードは10年前に一度ディアボロスを倒していますが、復活したディアボロスによって殺されたとされています。

イリアは正体を隠して男であるウリックとしてシオンと一緒に冒険をしていますが、
実は生前のザードから直接妹のことを頼まれていたシオンはそれに気付いています。
このことが明かされるのは最終決戦直前。

物語の途中でレムという妖精を加えて3人になり、最後はディアボロスがいるとされる異世界へとやってきます。
しかしそこにいたのは氷漬けで死んでいるディアボロス。
ディアボロスは実は復活などしておらず、10年前ザードに倒されたままなのでした。

どういうことなのかと3人が思っていると、そこで仮面を付けた謎の男を発見します。名前はイールズオーブァ。
仮面の男はザードの剣を持っており、ザードを殺したのは自分だと告げます。
そして3人はイールズオーブァに勝利をしますが、この戦いによりシオンは命を落としてしまうのでした。



・感想
DQ4コマでお馴染みな夜麻みゆき先生の初オリジナル連載作品。
学生時代から考えていたお話らしく、内容はDQの影響を受けているのだそうで。

ウリック(イリア)とシオンは冒険が進むに連れ、その仲も深まっていく。
特に異世界に着いて以降のシオンは、完全にイリアに対する愛情が芽生えている。
イールズオーブァを倒してオッツ・キイムに帰って一緒に冒険を続けようと約束をするも、
それは叶わず最後はシオンが死んでしまうという悲劇のストーリー。かなりバッドエンド気味の終わり方。

単行本のみの要素だと、1・3巻におまけ4コマとあとがき有り。
2巻の巻末には「おまけでほぉるめまんが」という3ページの描き下ろし漫画も。
[ 2012/12/16 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1197-117eb470