闘神伝

闘神伝/こずみ椎太/全1巻


ガンガンファンタジーで連載されていた作品。



・内容
主人公はエリスという踊り子の少女。
父親と一緒に平和に暮らしていましたが、ある日突然謎の女性に襲われます。
必死に逃げるエリスを助けに入る父親ですが、返り討ちにあって殺されてしまうのでした。

謎の女性の目的はエリスを覚醒させること。
エリスの中には闘神の力が眠っており、今度行われる闘神大武会の主催者であるガイアの命令でエリスを襲ってきたのです。

父親を殺されたことによる怒りでエリスはその力を目覚めさせ、見事に謎の女性を撃退。
女性は闘神大武会の招待状を置いていくのでした。
父親は最期の瞬間にエリスの実の父親ではないと言い残したため、
エリスは本当の父親を探す目的も兼ねて闘神大武会への参加を決めるのでした。

もう1人の主人公ともいえるのがソフィアという女性。
自分の過去の記憶がなく、それを求めて闘神大武会へ参加しています。

順調に勝ち抜いていったエリスは、ついに父親を殺した女性との対決を迎えます。
これまでの戦いで成長をしていたエリスは見事に勝利。仇を取ることに成功したのでした。

そしてエリスの次の戦いの相手、それはソフィアでした。
お互いに全力で戦うことを誓いますが、その前にガイアが出現。
2人は戦いを止め、協力してガイアへと立ち向かっていきます。

しかしガイアの強さは圧倒的で、エリスはやられてしまい生死の境を彷徨うことに。
そこに現れたのは父親。エリスにまだこちらの世界へ来るのは早いと言い、追い返します。
目覚めたエリスはオーバードライブという力を発揮し、見事ガイアに勝利するのでした。
そしてここでガイアの正体はエリスの実の父親だったということが判明します。

全てを裏で操っていたウラヌスという女がおり、ガイアが用済みと見るや、
エリスごと消し去ろうと空中からイーグルレイジという攻撃を放ってきます。
イーグルレイジの威力は圧倒的でしたが、ガイアが自分の鎧を咄嗟にエリスに着せたことによってエリスは助かります。

エピローグ。
ウラヌスはまだ生きていますが、一応の戦いは終わったということでエリスはソフィアと別れて父親のお墓がある場所へと帰っていきます。
そして電車に乗って外を眺めていると、そこにはエリスをかばって死んだと思われたガイアの姿があるのでした。



・感想
最初期のPSで人気があった同名格闘ゲームのコミカライズ作品。
触れていないだけで、ゲームに出てくるキャラは他にもちゃんと出てくる。

正直内容面ではあまり語ることがない。あえていえば1話が微妙にグロいことぐらい。
エリスと父親は街に住んでいるので、女性が襲ってきたことによって当然人々に犠牲者が出るわけですよ。
その殺され方が爆発で手首以外完全に吹っ飛んだり、バラバラにされたりなどちょいグロめ。
[ 2013/03/10 ] エニックス漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1211-591b570d