東方という作品

とある調べ物をしていたんですが、そうしたらたまたま昔の東方の情報を発見。
2002年の紅魔郷が出る前後ぐらいの、ですかね。
読んでみたらだいぶ興味深い内容で、気になった内容を検索してまた情報集めるみたいな感じ。
本来の調べ物は東方とは無関係なことだったんですが、気が付けば東方にすり替わっていた。

自分は地味に東方歴が古いというか、初プレイは2003年だったりします。
記憶では確か妖々夢が出た後すぐぐらいで、友人から薦められて紅魔郷を買って遊んでいました。
でも、正直この時はあまりハマらなかったんですよね…。
なので結局妖々夢には手を出さず、自分と東方の関わりはここで一旦終わりを迎えます。

時は経ち、2007年だったかな。この時になると東方はもう大ブームといってもいい状態になっていた。
自分もまたやってみるかなぁと思って、東方好きな友人(上記とは別人)から妖々夢を借りてプレイ。
決定的にハマることになったのはここなんです。
この時の妖々夢が死ぬ程面白くて、東方というゲームに完全に引き込まれていくことになる。

そんなわけで、東方に触れたの自体はだいぶ古いんですが、当時のことを知っているかといえばNO。
あくまでも紅魔郷を少し遊んでいただけで、取り巻く環境などは全く知らない。
なので当時の情報を調べるのは面白かったですね。

正直言うと、自分は基本的に原作にしか興味がありませんでした。原作とはSTGとしての東方です。
なので2008~2010あたりのガッツリ東方にハマっていた時期でも、原作以外の話はほぼしていないはずです。
話をしていないだけではなく、この当時の東方界隈のこともほとんど知りません。
原作しかやっていないのだから当然ですね。
なので、いつの時代も東方という作品を取り巻く環境には無知なのです。

それが今回…昔の東方のことがなんとなく分かって、面白かったです。
また、調べていく過程でいわゆる旧作と、西方Projectの秋霜玉、稀翁玉という作品にとても興味がわいた。
旧作は単純に東方ということで、西方2作の方は幡紫竜に物凄くハマったというのが理由です。

でも当然ながら、どれも相当なプレミアが付いているようで…。
旧作で100万近く、西方の方はよくわからないけど数万~10万ぐらい?
単純に金額だけで言えば手は出せるんですが…。

自分はとあるジャンルのものを集めていまして、
ちょっと前にどうしても欲しい物の合計額を計算してみたら、およそ800万になりました。
こっちは計算していないんですが、どうしてもじゃないけどできれば欲しい物というのもあって、おそらく200万は固い。
よって合計1000万ぐらいは必要。もっとも、どうしても欲しい物の方は1つ1つを高く見積もったので、
実際にはもっと少なくなるのはほぼ間違いないですが。

これを集めきるというのは、自分の中でありとあらゆることの最優先事項となっています。
頑張れるモチベーションになっているといってもいい。
そんなわけで、できるだけ他のことで消費をしたくないという事情があります。
運良く安く入手できる機会が訪れることを祈るしかないですね…。
Tags : 東方全般
[ 2018/10/04 ] 東方全般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/1351-e7ba450e