ひぐらし祭プレイ雑記その6

PC本体とモニタ、揃って本日到着しました。
一番良い日に来たなぁ。土日を使ってセッティングできるし。


ひぐらし4回目のプレイは祟殺し編を目指し、今回も圭一でスタート。
詩音を選ぶと目明し編だろうしね。

しかし今回は少し迷う。鬼隠し(盥回し)ルートと綿流しルートは、
それぞれレナや魅音方面の選択肢を選んで進めていけば良かった。
じゃあ祟殺しルートは?といえば当然沙都子になるはず。
過去3回のプレイで沙都子関係の選択肢が出てきたのは1回だけ。
綿流し編を目指して、レナの宝探しに付き合わなかった時にあったのみ。

なら今回もそっちで…とはいかず、ここまで選んだことのない選択肢を選びつつ
もう1度綿流しルートを辿ってみることに変更。
目的は魅音に人形をあげたら綿流し編に分岐しなくなるのか?というのと、
綿流しルートに入ってからの選択肢で原作と異なる方を選ぶとどうなるのかの2つ。

まず序盤はレナの宝探しに付き合う。
最初の時に死体云々の選択肢を選ばなかったせいなのか、
宝探しの3回目が発生せずセブンスマートに買い物へ行かされる。

確か前回、ここで缶詰の選択肢を選んだら夏美が出てきたはず。
原作にはいなかった外伝のキャラを登場させるとは遊び心があるというか。
選択肢でラーメンの方を選んでみるが、こっちでも夏美登場。
服装が缶詰の時とは違うような…でもうろ覚えなんでただの気のせいかも。

そしておもちゃ屋対決へ。今回は魅音に人形をあげてみる。
おぅ、ここCGあるのね。とりあえず綿流し編の原因はこれで潰せたはず。
ここから綿流し編に突入したらストーリー破綻すると思うんですが、果たして。

8日目、エンジェルモートでの会話が少し変化。
魅音に人形をあげようとすると、以降の展開が少し変わってくるようだ。
その後のヒロイン選択で前回と同じく魅音を選んで進めていくが、
選択肢の部分は悉く前回とは違うものが出てくる。

そしてカギを取りにエンジェルモートへ行く途中、
不良3人組に絡まれている詩音を発見。
おや?ここは圭一が不良に絡まれるのを詩音に助けてもらうという展開なのに。

そのまま進めてみると…なるほど。これは目明し編の圭一視点なのね。
目明し編は綿流し編を詩音視点でなぞっていくお話だけども、
綿流し編とは異なる部分が1つあった。それがこの詩音を助ける圭一のシーン。
前出のように、綿流し編では助けるどころか逆に助けてもらってたからねぇ。

いよいよ前半の大詰め?詩音に人形を買うシーンへ。
ここで選択肢が出てくる。ん?前回は何もなかったのに。
「部活の~」の方を選ぶと、またもやストーリーにおかしい部分が。
回想で圭一は「魅音はカッコいい~」と言ってるけど、
今回のプレイではそのシーンで「可愛い~」と言ってたではないか…。
しっかりしてくださいアルケミストさん。

結局「魅音にあげようと~」の方で進行。
こっちだと上記の回想シーンが正しいものになるという不思議。
ここで「魅音と詩音の違いは…」というTIPSが手に入ったので見てみる。
…え?どう見ても詩音だけど会話内容はあきらかに魅音だ。一体どうなってるのか?

しかし本編を進めるとその疑問が解決。ああ、そういうことね。
てっきり登場させる立ち絵を間違えてたのかとばかり。
ここまで3回のプレイでアレな部分をいくつか見てしまっているだけに。
しかしこれワンタイミング後で手に入るようにしないと、
自分のように混乱する人多いんじゃないかと思う。あまりに唐突だし。

まぁ結局は綿流し編へと突入してしまったワケなんですが…。
今回は人形をあげようとしたんだから話がおかしくなるんじゃ?と思っていたけど、
その部分はうまく改変してあった。なのでストーリー自体は変わることなく終了。
それじゃ次は本格的に祟殺し編でも目指しますか。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/199-46dae7b0