ひぐらしプレイ雑記その14

8回目のプレイ。今回は最初からではなく、メモリーロードを使う。
おもちゃ屋対決後の人形の処遇についての選択肢から再開。
理由は、目明し編にて圭一が魅音に人形をあげようとした展開になっていたこと。
最後に選んだ方が反映されてるのではないかと思い、
今回はレナにあげて綿流し編が終わるまでスキップ。

続けて9回目のプレイは詩音でスタート。ということはもちろん目明し編です。
今回はちゃんとレナに人形をあげたという展開になっているかな。
…なっていなかった。そのままラスト付近での選択肢までスキップを続行。
ひぐらし祭では、魅音が人形を受け取らなかった方が正史になってるということか?

それとも目明し編前にあっちで目明し編っぽいルートを辿ってしまったのが原因?
だとすると原作通りの綿流し編後、目明し編をプレイ。
その後人形を魅音にあげる展開で再び綿流し編。そして再び目明し編。
これじゃないと両方の展開が見れないということになる。もしや微妙にしくじった?

まぁ大した違いはないだろうし、気になるようならもう1回最初からやればいいか。
ということで前回とは逆の選択肢を選ぶ。
お、圭一が姉妹の入れ替わりを見抜くという展開になるのね。

しかし…これアフレコ済ませた後に無理やり追加したんじゃないか?
セリフ部分は他の部分でも使われてるとこしかないし、
本来セリフがあって然るべき部分はセリフなしでぼかしてる。

そして…なんと真魅音が圭一を殺害。代わりに真詩音が生き残る展開に。
ええー、こんなんありか。
というかその後の事件報告、途中まではいいけど最後の方噛み合ってない気が。

それに最初の方で容疑者の姉(園崎魅音)になっているのに、
最後は容疑者の妹(園崎魅音)だったり。どっちやねんという…。
結局事件報告のみで目明し編終了。これじゃ完璧なバッドエンドですがな。
原作もある意味バッドエンドかもしれないけど、そんなレベルじゃないっすね。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/208-d12d5d02