ひぐらし祭プレイ雑記その16

綿流しの日。すなわち鉄平殺害実行日。朝からゴミ山のレナの隠れ家で集合。
圭一はレナのボストンバッグから不穏な音を聞き付け、
開けるように脅すが…中身はお弁当。
その場は安心するも、不信感は拭えない様子。あのバッグには他に何かある?

鉄平を埋める場所へ行き、3人で穴掘り。
途中レナと沙都子の話を聞いたり詩音の懺悔を聞いたり。
レナが落としてしまったシャベルを取りに圭一が穴に入ると、
上ではレナと詩音が内緒話。
聞き耳を立てるが、とても不吉な内容。実はこの2人、圭一を陥れようとしている?
まぁこれは疑心暗鬼故の妄想…というかただの勘違いではないかと思う。
この時点ですでに雛見沢症候群を発症してるか?

鉄平を電話で呼び出そうとするが、まだ時間があるので弁当を食べる。
圭一も言っているけど、よくレナと詩音はこの状況で食べれるものだ。
時間を迎え鉄平を呼び出し現場へ急行。
鉄平を待ち構えていると、詩音はスタンガン、レナはバッグから鉈を取り出す。
圭一は自分が信用されていないと思い込む。まぁこれはそうなるのかな。

そして鉄平登場。圭一はオヤシロ様に取り憑かれたように殺害。
レナと詩音が本当に死んだのか確かめるためにそれぞれの武器で鉄平を攻撃。
その場に倒れ込んでしまっていた圭一は、頭上に気配を感じ見上げてみると…。

人殺しの現場を見てしまい、発狂する沙都子。
圭一がだんだんと不快に思ってくると…詩音がスタンガンで気絶させてしまう。
詩音の行動がどうも怪しい?
鉄平殺しは沙都子のためでなく、違う目的だったのではないかと疑う圭一。
悟史か?詩音が考えることってそれぐらいしかないような。

圭一、鉄平を埋める。その間にレナは凶器、詩音は鉄平のバイクを処理しに行く。
2人の行動に怪しさを感じる圭一。雛見沢症候群で疑心暗鬼になってるだけっぽい。
戻ってきた詩音はしばらく沙都子を預かると言い、圭一とレナも了承。連れ帰る。
なんか詩音が怪しいなぁ。もしかして沙都子も殺す気だったりして。
目明し編の時はめちゃ恨んでたし。
でも「もう1度チャンスをもらえるなら今度は間違えない」と最後にあったしなぁ。

その後、祭りに参加し魅音と合流。
殺人をした後だというのに、普段と変わらないレナに少し不信感を抱く圭一。

翌日、登校するもいつもの待ち合わせ場所にレナはいなかった。
教室でも圭一を無視するような態度。圭一またもや疑心暗鬼に。
やっぱり発症してるっぽいな。

放課後、レナと一緒に帰ろうとすると梨花ちゃんに捕まる。
圭一とレナに沙都子の行方を聞いたり、昨日の出来事を尋問される。
梨花ちゃんは奉納演舞があるため絶対に現場は見ていないはずなので、羽入か?
あるいは過去のループ経験から判断したのか。
レナとの別れ際に沙都子が心配だと言われ、圭一は詩音と明日会う約束をする。

圭一はレナと一緒に詩音に会いに図書館へ。
詩音から富竹と鷹野が死んだことや、鉄平にも操作の手が及んでいることを聞く。
昨日死んだと言ってるが、綿流しは一昨日だから間違い?些細なことでも気になる。

詩音に沙都子がどこにいるのか聞こうとすると…そこには大石が。立ち聞きしてた?
「死体を深く埋めなおす」とか「沙都子はどこにいるんだ」と会話してたから、
聞かれてたなら終わりですな。
大石に綿流しの晩について尋問されるが、のらりくらりとやり過ごす。
ここでも詩音の態度に怪しい部分を感じる。

翌日の学校で梨花ちゃんに再び問い詰められる。
やはり梨花ちゃんは圭一たちが鉄平を殺したことを知っているようだ。
しかし沙都子の行方は知らない。
羽入があそこにいたんだとしたら、詩音が連れ去ったのまでは見てないのか。
沙都子を心配する気持ちは同じということで、
梨花ちゃんも引き連れてレナと3人でエンジェルモートへ。

エンジェルモートに行くも詩音はいない。
店長から自宅の住所を聞き、そこへ向かう。
詩音のマンションで葛西と鉢合わせ。圭一は詩音と葛西の関係に興味あり。

不在の詩音を待っていると、大石が現れる。
詩音は綿流しの夜以降、ここには帰ってきていないとか。
スクーターも詩音のじゃないらしい。むー、また魅音と入れ替わったのかね。
で、魅音と一緒に沙都子も地下祭具殿に監禁?あるいはもう手遅れか。

圭一、レナ、梨花の3人で沙都子の家へ行ってみる。
すると…詩音と沙都子の死体を発見。2人の死体のCG付きです。
詩音は包丁で滅多刺し、沙都子は首を掻き毟ったような後。
てことはL5を発症した沙都子が詩音を包丁で殺害、
その後自分で喉を掻き毟って自殺か。

圭一とレナは2人を殺した連中を許さないと息巻くが、梨花ちゃんは諦めモード。
…ん?綿流しの晩に2人が死んでたなら、昨日図書館で会った詩音は魅音の方か?
それだと今までと逆パターンになるな。
まさか沙都子の家で死んでたのは実は魅音でした、なわけはないし…ないよね?

翌日圭一は学校を休む。そこに電話が。
出るとなんと…詩音。死人が電話するわけないので魅音だね。
じゃあ詩音が死んでることは知らないのか。
というか圭一の母親も知らなそうだったし、死体発見しても通報せずに放置した?

でも何で詩音に成り済ます必要があるんだろう。仲間外れ意識から真相を探るため?
圭一がカマをかけると見事に引っかかるあたり、
鉄平殺害の現場にいた詩音とは別人であることが分かる。
圭一はその詩音に成り済ましていると思われる魅音をゴミ山へ呼び出す。

ゴミ山で問い詰めると、やはり魅音であることが判明。
やはり詩音と沙都子が死んでるのは知らないみたいだ。
圭一とレナは素敵に勘違い。魅音が詩音と沙都子を殺したと思い込んでる。
あれは詩音を殺した沙都子が自殺しただけだよねぇ。
まぁ圭一もレナもL5かそれに近いところまで発症しちゃってるのかな。

挙句の果てには何を思ったか、2人は魅音を殺害。何もしてないのにひでーなぁ。
魅音は部活メンバー唯一のマトモな人間なんだよね。
一度たりとて人は殺してないし、雛見沢症候群も発症したことがない。
それなのにほぼ全てのシナリオで殺されちゃうから報われませんな。
梨花ちゃんは…まぁ魔女ですから。羽入も見えるし。

魅音の死体を前にレナは昔話。
死んでるはずの魅音のまぶたが動いたように見えた圭一。実は生きてたり?
でもその場は生きてたとしても普通は出血多量で死ぬわな。
魅音の死体?を運ぶためにレナの家へリヤカーを取りに行く。
圭一とレナ、お互いに疑心暗鬼で殺る気マンマン。サバイバルゲーム。

魅音を沙都子の家へ運び込む。そして…圭一はレナに刺される。死んだ?
まぁ先に火事で死んでるかもね。ここでレナ視点に変更。
古手神社まで梨花ちゃんを殺しに行こうとするが、すでに梨花ちゃんは死んでいた。
レナは熊谷刑事に見つかり、必死に逃げる。

林の中で眠ってしまったレナだが、謎の男たちの声で目覚める。
「発見次第射殺」ってことは山狗かな?警察ではないもんね。
学校にも見たことのない集団がいるようなので、確定でしょう。
そして山狗に撃たれつつもゴミ山の隠れ家まで逃げ込んだレナ。
そこで何かを発見。小さな籠ってことはハムスター?
紙が擦れる音ってのがよく分からんけど。

隠れ家から飛び出したレナだが、山狗に撃たれて死亡。ここで憑落し編終了。
TIPS「悪魔の脚本」「大災害その後」が手に入る。
んー…正直内容としては微妙だった。
というかですね、部活メンバーが同じ部活メンバーを殺すのはNGだと思う。
まぁ圭一は鬼隠し編でレナと魅音を殺っちゃっている前科持ちだけども。
一応ラストの方はオヤシロ様の祟りの真実を少しだけ見せている。

しかし「悪魔の脚本」って罪滅し編の後に手に入らないといかんのでは?と思う。
「大災害その後」は…。ん?これ盥回し編の続きってことかな。
魅音が生きてることから憑落し編のその後ってことは考えにくいし…。
あれで実は死んでなかったら凄い。ありえない。
内容はレナの残した証拠により、大災害の真相が分かった魅音は翌日心不全で死亡。
山狗に消されたんでしょう。10年経ってもずっとマークしてたってことか。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/210-ac4d820a