ひぐらし祭プレイ雑記その22

今日から春のセンバツ高校野球が開幕。
ましてや今日は大阪桐蔭の中田選手や仙台育英の佐藤選手が出るということで、
甲子園に注目。おかげでひぐらしはあまり進んでません。
我が埼玉が出ていないのは寂しいけど、野球好きとしてはやっぱり見逃せない。


ひぐらしは綿流し翌日の学校。羽入の過去は、圭一が見ていた夢だったらしい。
梨花ちゃんは本日の学校はお休み。そして圭一は昨晩のことを思い出す。
梨花の家に羽入を運び込んだ圭一だったが、目を離した隙に羽入がいなくなる。
外へ探しに出たところで電話が。出てみると赤坂で、入江診療所にて会うことに。
ちなみに今年の祟りの被害者が富竹じゃなく鉄平。富竹は行方不明。
沼に落ちてからまだ山狗に見つかってないのね。
どっかに繋がっていて流れ着いてたりするのだろうか。

診療所へ行くと、赤坂以外に大石と入江もいる。
梨花ちゃんと赤坂が入江に全てを話すと、入江も観念して全てを話し出す。
ここで赤坂は大石に念押し。この会話も祭囃し編にあったなぁ。
梨花ちゃんを匿う場所はやはり園崎本家の地下祭具殿。
それには魅音たちに真実を打ち明けなければならない。
沙都子もここに置いておくのは危険なので、一緒に移動させることに。
すると入江が「悟史も一緒に運び出さなければ」と言い出す。
圭一は悟史が診療所にいることを聞いてビックリ仰天。
そういえば圭一って祭囃し編でも直接は悟史見てないよな。
この2人の絡みって目明し編のお疲れ様会のアレぐらいか。

昨晩の回想が終わり、再び学校。
圭一は魅音たちに全てを話すため、一緒に診療所へ沙都子のお見舞いに行くことに。
魅音が「朝起きたら詩音がいなかった」と言っていたけど、
昨晩に沙都子が心配で診療所に行って、圭一たちの話を偶然聞いちゃったとか?
それで悟史が生きているのが分かってぐぎゃぎゃ再びとか。詩音ならありえる。

ここで入江視点に。診療所にぬいぐるみを持った詩音が訪ねてくる。
沙都子へのプレゼントらしい。しかし1人で来るってのが怪しいな…。
予想通り?詩音は隠し持っていた拳銃を発砲。悟史はどこにいるのかと入江を脅す。
詩音ってホントに直情的。この点では魅音と真逆。
魅音は慎重になりすぎて逆に何も行動できないタイプだし。

ここで最後のTIPS「忘れ物」を入手。
ラストはエンディング後に手に入ると予想してたので大外れ。
内容は綿流しの翌日に境内の掃除をしていた人たちが、やたらと重いカバンを発見。
中身はハイカラな物らしいが…なんだろう?最初は富竹でも入ってるのかと思った。

詩音は入江を脅して地下の悟史の部屋へ。
ブチ切れた詩音は監督の右腕を撃ち抜く。あー、本当にやっちゃった。
いくら雛見沢症候群の影響とはいえど、これはマズイ。
そして入江を殺そうと、詩音が再び発砲しようとしたところにレナの声が。
診療所に来た圭一たちが異変に気付き、地下まで駆けつけて来たようだ。
しかし、梨花ちゃんは隣の部屋で寝てたんだよな?
発砲音とガラスの割れる音で普通起きるんじゃないかと思うんだけども。

圭一たちと目覚めた梨花ちゃんが駆けつけ、入江は転落事故の真相を話す。
しかし沙都子が両親を殺したと信じられない詩音は、再び入江を殺そうとする。
するとそこに目覚めた沙都子が現れ事態は収束。
魅音とレナからしたら突然ワケの分からない話が出てきて、?って感じだろうな。
というか、沙都子は詩音をねーねーと認めちゃってるけど悟史の気持ちは無視?
仮に目覚めても、詩音と一緒になるしか道が残されてないってのはどうなんだろう。
「沙都子のこと頼むからね」と言った相手も実際は魅音だしなぁ。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/218-90c2299b