うみねこep2感想

「うみねこのなく頃に」のネタバレと、一部批判的な感想ありなので注意。
そういうのが気になる方は見ない方がいいです。















うみねこep2終了。
えーっと、これはいくらなんでも超展開すぎませんかね?
嘉音と紗音のあの力は何ですか。源次も強すぎだし、家具の存在が謎過ぎる。
ひぐらしの時も思ったけど、あんまりファンタジー化するのは抵抗が。
もしかしてFateってあんな感じ?やったことないから想像ですが。
ひぐらしの罪滅し編と祭囃し編をプレイした時に、
こういう系統をやりたいのかなぁ…とは思ってたけど。SFバトル物。

ベアトのドSっぷりは逆に爽快。
戦人はいい加減魔女の存在を認めれ。一度は家具になったんだから往生際が悪い。

あまりにも超展開すぎてついていけない部分もあったけど、全体的には及第点。
ただ、前回が面白かっただけに残念に思う気持ちもなくはない。
これはもう人間の仕業じゃありえんでしょうよ。
でもここまで魔女を思わせておいて、本当に魔女の仕業だったら何それ?だよね。
それとも戦人に魔女の存在を完全に認めさせるまでの過程を描いた内容なのか。
まぁ普通に考えたら、ここまで魔女押しだったら人間の仕業になる…はず。


気になったのが、真実を赤で表示していた部分。
「礼拝堂を魔法の力で開けられる」「(嘉音の)死体をベアトが魔法で消した」
この2部分が赤じゃなかった。
これを踏まえると、魔法は存在しない=魔女は存在しない=犯人は人間、となる。
でも人間だとしたら嘉音とか紗音が使ってた怪しげな力は何なのさ?という話。
ひぐらしみたいに被害妄想とかの類で説明できるのだろうか。
魔女を信じている人の視点から見るとファンタジー的なフィルタがかかるとか。

あと礼拝堂の密室トリックでの戦人対ベアト。
真里亜と楼座の間に他の人に封筒が渡ったというのを否定できずにリザイン。
でも真里亜はいろんな人にベアトからもらった封筒を見せびらかしていたという
描写があった。この時に数秒とかだけでも他の人に渡した可能性がある。
何も礼拝堂の扉を開けるのが目的だったとは限らない。
だからやっぱりこれは魔女ですよ、とどんどん魔女説に逃げてみる。


もう少しマジメに考える。
裏お茶会でラムダデルタが、3魔女をジャンケンに例えていた。
ラムダデルタはベアトリーチェに強く、ベルンカステルに弱い。
ベアトリーチェはベルンカステルに強く、ラムダデルタに弱い。
ベルンカステルはラムダデルタに強く、ベアトリーチェに弱い。
こんな感じとなる。

ラムダデルタ=三四だから、ひぐらしの鷹野で考えてみる。
鷹野といえば「強固な意志」。ベアトはこれに弱いのか?
そういえば魔女を信じる信じないがここまでのテーマになってるからなぁ。
魔女を信じる意思、信じない意思。意思が関係してる?
全員が信じなかったら存在できない。逆に誰かが信じれば存在できる、など。
魔女を信じる者が多いほど力が強くなる?

次はベルンカステルこと古手梨花で考えてみる。
梨花ちゃまは何だったっけ…。
仲間を信じるとか信じれば奇跡は起きるとかそんな風だったかな。
とりあえず「信じる」ということにしておこう。魔女を信じる。
これはすなわち、ベアトの存在を信じることになってしまう。
だからベアトリーチェ>ベルンカステルも成立しえる。

最後に今作の主役?でもあるベアトリーチェで考える。
彼女はまだ分かっていない。
「愛がなければ"視"えない」など、「愛」押しだったけど疑問。
愛は信じる心より強く、強固な意志に弱いというのがイマイチ分からない。


これを踏まえてもっとマジメに考えてみる。
ひぐらしでは雛見沢という特殊なフィールドが大きく関係していた。
うみねこでは六軒島ということになる。
六軒島には、いわゆる妄想のようなものを具現化できる力があるとしたらどうか。

まず10/4より前に魔女が視えた人、視えなかった人。
紗音には視えた。
嘉音には視えた。
真里亜には視えた。
真里亜を除く右代宮の人間には視えなかった。ただし金蔵は昔は視えた?
郷田はep2を見る限りでは視えなかった?
源次、熊沢、南條は不明。

魔女を信じる者には視えるのであれば、なぜ今の金蔵には視えないのか?
金蔵は実はベアトを魔女ではなく、実在する人間だと思っているのか。
紗音と嘉音は金蔵からいろいろ聞かされていていたため、信じていた。
2人の会話でもそれが分かる。最後まで生き残って黄金卿に行くとか。
源次も10/4に具現化したベアトに対してごく普通に接していたことから、
それ以前から視えていたような気がする。
真里亜は魔女を信じていたので毎年視えていた?

10/4に具現化できたのは、魔女を信じる人が多くて力が強くなったとか。
紗音、嘉音、真里亜。集まった右代宮の人間の中で他にも信じている人がいた。
ベアトが復活するには13人を生贄にしなくてはいけない。
生贄が増えれば増えるほど、生き残った人たちは魔女の存在を強く信じる。
魔女の仕業としか思えない殺され方をしているケースが多いしね。
だからみんなが魔女を信じたことで復活した…とか?思いっきり強引に推理。


とりあえず、ep3ではこれ以上の超展開は勘弁。
ep1のような路線だったらいいんだけども。
文化祭での悪ノリみたいなのもなぁ。あの歌とか魔理沙コスには本気でドン引き。
本来なら、そのあたりも楽しめるようにならないといけないんだろうけどねぇ。
どうも自分はあの辺が受け付けないんです。
ひぐらしでも前半の部活パートは苦手だった。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/279-17830d7c