ちなみにカバーを取ると西川秀明先生の絵が見れたり

ほいさっさ。


火の玉ゲームコミック 全3巻


火の玉ゲームコミックといえば光文社で今も続いているゲームアンソロシリーズ。
そのままズバリな名前なのもこうやって出ていたんです、はい。

自分も好きなFEDA、サンサーラ・ナーガ2、鬼神降臨伝ONIの作品が載っている貴重な本。
マイナー作品はなかなか扱ってくれないからねぇ。
売り上げ考えたらマイナーなのよりも鉄板なゼルダやFEにいきたくなる気持ちも分からなくはない。


Vol.1掲載のたしろたくや先生の「はらたまツアーで行こう!!」から1コマ。
サンサーラ・ナーガ2の漫画で女主人公。桜玉吉先生のも良いですが、こっちも可愛らしいですね。


森咲果梨先生の4コマもあるので、サンサーラ・ナーガ2ファンの人は是非に探して手に入れましょう。
まぁでも好きな人は普通に持ってるかな、うん。


どうでもいいけど、吉本犬丸先生は成田美穂(かつてのエニックス系ゲームコミックで活躍)先生と絵がかなり似てる。
同一人物かと思ったものの、検索してもそんな情報は全くないし、自分が思ってるだけで別人だという線が濃厚か。
というかそもそも生年月日と血液型からして違ってました。こりゃ別人ですね。
それに現P.Nである吉本蜂矢の方とは似ても似つかない感じ。

もう1人、水戸いずみ先生も奈津美柑(同じくかつてエニックス系で活躍)先生と同一人物かと。
こっちはノーマルタッチだけでなくデフォルメキャラもそっくりなので、確率としてはかなり高いと思う。


そういえばVol.2のお便りコーナーで

「こーゆー、ゲームコミック誌はだいたい7号で終わってしまっているので。
(SFCセ○クシ○ンといいG○Cといい…いい本だったのに…)」

「1年以上前…。ゲームプレイヤーコミックってあったの知っている?」

などのお便りが紹介されているのがちょっと笑えたり。
それに対して「とりあえず、8号を第1目標としてがんばります。」と編集部は答えているんですが、結果は3号で撃沈しました。

基本的に1話完結スタイルの作品ばかりなのでそんなにダメージはないものの、
阿川あけみ先生のゼルダ漫画だけは続き物だったので未完のままということに。なんだかなぁ。
巻末でこうやってVol.4の告知までしてたのに。SFCセレクションと同じパターンですね。
Tags : 漫画 SFC
[ 2009/08/06 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/770-d481242f