うみねこ出題編まとめ2

EP3

・絵羽の過去話
興奮した金蔵が咽ていた。
何となく朱志香の喘息を連想させるが、さすがにこれは考えすぎか。

・6年前の戦人
紗音によると「また来るぜ、シーユーアゲイン。きっと白馬に跨って迎えに来るぜ。」と言っていたらしい。
そして、その後の「何しろ俺は、深く考えずにポンポンと喋るものだから、いちいち内容は覚えてない。」の部分。
この2つは意外と重要そうな気がしないでもない。

6年前の戦人に罪。例えば誰かと何らかの約束をした。
戦人はそれを覚えていないが、相手にはとても重要なことだった。
その後の朱志香の恋話を聞いているといかにも嘉音のことのように思えるが、
実は6年前の戦人のことだった…など。

・真里亞の薔薇
真里亞が目を閉じてる間に、別の薔薇に目印を付けて騙しただけなんだろうか。
要はEP2と同じで真里亞の視界を奪うことで対魔法抵抗力をゼロにし、その間にやったと。

・九羽鳥庵のベアトリーチェ
戦人の言うように金蔵が愛していた女が死ぬも実は妊娠していて、胎児だけは助かった?
あるいはベアトリーチェが継承システムなのだとしたら、
福音の家からまだ何も知らないような幼い子供を選び、新しいベアトリーチェとして育てた、など。

・1つの巨大密室
ボイラー室には中庭に通ずる扉もある。
実際、EP1のボイラー室で嘉音を発見した時に戦人と夏妃はそこから外に出ている。
よって完全な密室とはなりえないのではないか?

・6人の生死
金蔵と5人の使用人は死亡しているらしいが、いつ死んだかははっきりと示されていない。
使用人の中に、何らかの手段で発見後に死んだ者がいるのではないか?

・楼座と真里亞
これは作中通り、絵羽に殺されたと判断するのが妥当なんだろうか。
秀吉が共犯なのかは分からないが、絵羽に疑いがかからぬよう、ロビーではアリバイを偽装した。
楼座の銃が残ったままだったのは、残しておけばフリーの秀吉に渡ると考えたから?

・留弗夫、霧江、秀吉
霧江は戦人の推理通り、絵羽(秀吉も?)を犯人と疑っていたと見るのが普通か。
留弗夫と霧江を殺したのは、3人の後にこっそり屋敷にやってきた絵羽か、同行していた秀吉のどちらか?

では秀吉を殺したのは誰か。これは留弗夫か霧江になるのだろうか…。
やられたものの即死はしておらず、最後っ屁で秀吉を道連れにしたと。
はたして秀吉は共犯だったのか、本当に無関係だったのか。これは分からない。
しかし秀吉が死んだのは、絵羽にとって完全に計算外ではなかったのだろうか。

問題は、死体に杭が刺さっていたこと。
楼座と真里亞の死体にはなかった杭がなぜ、この3人には刺さっていたのか。
楼座と真里亞を殺した犯人とは別の人物が犯行に及んだ?
なら使用人の中に生きていた人物がいたと見るべきなのだろうか。

・蔵臼と夏妃
コーヒーを淹れた絵羽がこっそり睡眠薬を仕込んでいて、睡眠中に絞殺。
もしくは絵羽が化粧室へ行っている間に、南條が1階へ降りてきて殺害。
譲治が1階へ降りてきていない以上、この2つぐらいしか考えられないが…。
使用人の中に生きている者がいた可能性もあるんだろうか。

・譲治
ゲストハウスの階段を降りていない。
なら窓から脱出後に内部にいた人物が鍵を閉めたという、戦人の推理通りでいいのだろうか?

蔵臼と夏妃を実は生きていた使用人が殺したのであれば、その後2階へ行って譲治と鉢合わせた可能性は?
死んだとされる使用人が実は生きていたことで、
その使用人が「紗音も死んだフリをしていただけ」と説明すれば納得しやすい。
通常なら怪しく思うだろうが、秀吉も殺されていて正常な精神状態にないと予想される。
1階に降りると見つかるかもしれないからと窓から脱出させ、窓を施錠。
その後に客間で譲治を殺害…など。


EP4ラストの推理バトル

・EP1の嘉音
誰にも嘉音は殺せなかった。自殺でもない。そして「他殺」というのは復唱拒否。
戦人はこのことから事故死と決め付けているが、生きているという可能性もあるのでは?
ベアトは嘉音が死んだと一言も言っていないのだから。赤字以前に、死んだとすらも言っていない。

・EP2の礼拝堂密室
礼拝堂の鍵は、真里亞が手紙を受け取ってから翌日に楼座が開封するまで誰の手にも渡っていない。
礼拝堂の6人は全員死んでいる。犯人が隠れてもいない。
ならEP2のところでも触れたように、礼拝堂内に黄金の隠し場所が存在することはありえるのだろうか。
その隠し場所のどこかに別の脱出口があり、そこから外へ出た、など。

・EP3の連鎖密室
これはEP3の部分でも触れたように、ボイラー室には中庭に通ずる扉があり、密室にはなりえないのでは。
それとも、こっちの扉も完全に封鎖されていたのだろうか。
礼拝堂に黄金の隠し場所と出口が存在する場合、嘉音もフリーとなりうる。

・EP3の南條殺しの犯人
戦人も朱志香も絵羽も南條殺しの犯人ではない。
赤字死亡ラッシュの隙間を突けば、楼座、真里亞、留弗夫、霧江、秀吉、蔵臼、夏妃以外は犯行が可能?
そして目を負傷した朱志香が客間まで移動したあの描写。嘉音は幻ではなく、実在した可能性はないのか。
南條を殺してから、それを隠して客間まで連れて行ったとか。その後、何らかの要因で死亡した。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://farewall.blog123.fc2.com/tb.php/813-205295e6